SはサービスのS、Mは満足のM

SはサービスのS、Mは満足のM

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SはサービスのS、Mは満足のM
少ないリスクで大きな利益を上げるには

────────────────────────────
ヤマタクのWEBマーケティングのエロしょーもない心理技術
第12号 2015年6月17日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第3回放送のテーマは
『webサイト集客にコンテンツマーケティング
& 本日オープン美女のサイトを診断するぞ』
はたして・・・!?
http://www.nicovideo.jp/watch/1433063276

 

会員の皆さんはぜひ後半もご覧ください。

そして次回番組放送は6月28日(日)13時より。

タイムシフト予約はお済みですか?

[ニコニコ生放送] http://live.nicovideo.jp/watch/lv223177055

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ヤマタクです。

 

SはサービスのSで、Mは満足のM。

 

SMという狭くも果てしなく深い世界で煌々と輝き続ける名言
by 及川奈央(たしか)

 

ショーが売りのSMクラブ(←世間にはそんなトコロもあるんだよ)で
かつて「M」職として働いていたT嬢は、
この名言を裏付けるように静かに、しかし力強く語る。

 

「縛られて吊し上げられて・・・ガチで想像を絶する痛みよ?
で、キッチリ、ホント限界!っていうタイミングで降ろされるの。

 

するとね、降ろされた台の上で意識モーロー状態のアタシの手を、
彼(S職)がぎゅうっと握ってくれたの。

 

そしたらもう、これ以上はないってくらいカンペキに、
幸福感でいっぱいになっちゃって。
彼のためなら、どんな苦痛にも喜んで耐えられるって思ったわ。

 

そう、もっと激しい苦痛にも・・・」

 

ほほぉ。

 

「ショーの最中、ふたりの間に言葉はないんだけど、
彼のあの力強い手が『大丈夫、オマエはサイコーだよ』って
アタシに伝えてきたの。本当よ!」

 

そうでしょうとも!

 

「SMショーの成功はすべて、Sのほうにかかってる。

 

お客さんは演技なんかじゃ喜ばないから、
超リアルじゃないとコーフンしてもらえないんだけど、
気絶や脱糞は興ざめでしょ、絶対NG。

 

そういうコントロールは全部、Sだもの。

 

アタシたちは、彼と苦痛に耐えることにだけ集中していれば、
必ずものすごい満足が得られるの・・・」

 

この会話はまるっと実話です。かれこれウン年前の話だが。

 

いやぁ、自分はSM界におけるM側プリンスだと思ってきたが、
何だろう、この圧倒的な迫力の違い。

 

チンピラと極道ぐらい、比べ物にならない。

 

ココはワシも、華麗なるSM道を究め・・・じゃない!

 

この先は、今月の生放送のテーマ、
「SM調教はビジネスに使えるか」という、顧客教育の話だ。

 

世の中、いろいろ危ねー。

 

▼本日のメルマガ
────────────────────────────
“【1】”SM調教はビジネスに使えるか!?
“【2】”あなたは番組収録観覧? それともブロマガ相談?

“【3】”会員限定動画! 幻の動画セミナー「少ないリスクで大きな利益を上げるには」
────────────────────────────

“【1】””SM調教はビジネスに使えるか!?”

 

ディープなイントロを経てしまったが、いよいよ本題だ。

 

売上と利益を同時に、そして一気に上げる
「ラミアスの剣」の如き最強の武器、それが「顧客教育」。

 

危うく忘れるところだったが、
本当に伝えたいディープインパクトなハナシはこっちだ。

 

さて。
あなたは、一度購入してくれた顧客に対して、
リピートして買ってくれるよう、戦略的に、
つまり計画的かつ定期的に、アプローチしているだろうか?

 

リピート購入がなければ、
新規顧客獲得コストを吸収しきれず、赤字になってしまう。

 

“リピート購入してもらえるかどうかに、”
“ビジネスの継続性がかかっていると言っても過言ではない。”

 

顧客フォローメールも、顧客教育の一環なのだ。

 

例えば、一度でも買ってくれたお客さまに対し、
主にメールで、21日間に最低5回は接点を持つ。

 

こんなふうに。

 

1)thank youメール:商品購入に対する感謝を伝える

2)商品確認メール:最もクレームにつながりやすい、商品の過不足や到着予定に関する連絡

3)他の購入者の喜びの声:「あなたのお買い物は間違っていない」と他者の声で後押し

4)感想くださいメール:目的は使用感やレビューの獲得、感想を寄せてくれた場合の特典など

5)アップセル・メール:購入商品の上位版、または関連商品の紹介

 

この5通の中で、
購入客に安心感や信頼感を感じてもらいながら、
リピート購入がいかにお得か、
売り込み臭をできるだけ抑えつつ伝えていく。

 

実際にこうした顧客教育によって、
商品自体はどこでも仕入れられるモノだったにも関わらず、
今や年商20億円にまで成長した企業もある。

 

 

続きはこちらをクリック→

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。