顧客教育はじめの1歩

顧客教育はじめの1歩

昨日のセミナーでは
高度すぎて最初の行動に
結びつけるのが難しい。

 

という声を頂いた
そこで、各業態向けに
最初の一歩をお伝えしようと思う。

 

■ネット通販

 

顧客フォローなかでも
・スパークPoint後のフォローを
はじめに行ないましょう。

 

■教育コンテンツ販売
コンサルティング業

 

顧客の離脱時期を調べましょう。
最も多く離脱する時期がわかったら、
その2ヶ月前から離脱防止の
コンテンツを配信してください

 

■フィットネススタジオやサロン

 

同じく顧客の離脱時期の調査
そして、離脱顧客の利用頻度を見る
頻度が足りない場合は、
SparkPoint後から

 

時期だけの問題なら
2ヶ月前から離脱防止の
コンテンツを配信してください

 

■金融投資商品

 

顧客とのコミュニケーションとして
信頼性を高めるプロ友コンテンツを
配信していきましょう。

 

■アフィリエイト

 

プロ友コンテンツとして
「立ち位置がブレてないか?」
コンテンツをチェック。

 

新たに作る場合は、動画で
さらに信頼性を高めてください。

 

いずれにしても
「浮気されない」仕組みを
早急に構築する必要があります。

 

そのためには、自分のノートを見直し
特典の「効果の高かった件名リスト」から
フォローアップの為のコンテンツを作ってみよう。

 

ーヤマタク

 

PS:
今回はチト真面目に。
コンテンツだけでおくってみた

 

小さなstepで行動につなげてみて欲しい。

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。