マイクロコピってクリック率4倍の真実

マイクロコピってクリック率4倍の真実

「たった二文字で売上を上げる。」
これを読んでるチミなら、当然だと思うだろう。
 

けれども、
多くの人、お客様は何も知らないままボタンを押している。
何も意識せずクリックしたり、ページを閉じたりしてる。
 

1.【事例:ガイアックス】
https://www.markeit.jp/blog/abtest/
 

無料小冊子のダウンロードバナーのタイトルを
マイクロコピった。
「無料資料プレゼント!」 DL15件/月 クリック率0.35%

「インバウンドマーケティングを実践するまでの道のりと大切なこと」
DL62件/月 クリック率1.41%
に変えただけで4倍にした。
 

 

■ チェックポイント
天童よしみがチミに「なめたらアカン」
ビックリマークを使うとCVRが下がると
あれほど言っただろうがっ!
 

そう言いながらチミを筋肉バスターするだろう。
 

2.【事例:株式会社VOYAGE GROUP】
 

 

マイクロコピーの真骨頂ボタン文言テストによって
「再販売リクエスト」vs「値引きリクエスト」
 

勝者は、、、
 

「ナビバリューリクエスト」より 93.9%クリック率改善で
「値引きリクエスト」の勝利!!!
 

■チェックポイント
顧客には、カタカナ語よりわかりやすい単語の方が反応があるのを知った。
機能名「ナビバリューリクエスト」が闇に葬り去られた。
この名前をつけた人、とんだ恥をかいたね。
次があるよ、新しい名前「涙のリクエスト」で次回は勝負して欲しい。
 

 

3.【事例:オバマ大統領】
 

自らのメール登録フォームのボタン文言をテストした。
 

Sign Up (登録する)
Learn More (もっと情報を見る)
Join Us Now (今すぐ参加する)
Sign Up Now (今すぐ登録する)
 

結果はこれだ
d681a892-e7b5-43c6-9474-c230576a6271
Learn More (もっと情報を見る) CVRが18%も改善した
http://kylerush.net/blog/optimization-at-the-obama-campaign-ab-testing/


献金を呼びかけるメールの件名でもテストした結果。「資金が底をついてしまいます!」
というタイトルが圧倒的なクリック率になった。
7cf7e872-d848-4b99-853b-46bf2551d3e5
https://www.bloomberg.com/news/articles/2012-11-29/the-science-behind-those-obama-campaign-e-mails
 

どれも
テスト結果を見れば「たしかにそうなるよね」
っていう納得できる結果だ。
 

けれども、初めからその言葉を選べるか?
高い成約率を引き出すことができるか?
それがなかなかできない。
 

理由は簡単。
 

これは「顧客が本当に必要だったもの」
を作ったからに他ならない。
 

社長、担当者、WEB制作の外注先、外注先のデザイナー、孫請けコーダー
我々がWEBでサービス展開するときに多くの人が関わる。
9e2af50f-4378-4f37-a499-b6bb542bedbd

出典arison.jp
 



その結果が、売れないページだったり
「たしかにそうなるよね」って思えないページができる原因だ。


今回このブログを書いた理由もここにある。


多くの人に、特にヤマタクの周囲にいる人には、
マイクロコピーのノウハウを共通の言葉として使って行きたい。


顧客心理をこねくり回すようなビジネス書は捨てろ!
海外の直訳だらけのコピーライティングはやめろ!
マーケティングは複雑でもなんでも無い、
複雑にする人やモノがあるばかりだ。


そうすればきっと、
「顧客が本当に必要だったもの」を
顧客に本当に提供できるようになる。


自戒を込めて




  ーヤマタク




PS:


わかりにくいコマの適当な解説を。


アナリストのデザインでは
「理論的にはこれが理想なんです」という
現実的でないプランを描いてる。


プロジェクトの書類は
「どうとでも取れるけど、何も責任を負わないようにできてる」
それは何の意味も成してないって。


実装された運用では
「綱を掴んでぶら下がれますよ」という
顧客でなんとかしろ感満載。


サポートは
「危ないなら切って、切り株に座れるようにしましょう」
という返金と言うか、なかったことにする感じ。


アメリカンな風刺が効いてるな。
いろんな立場で、それぞれの色眼鏡を掛けてしまうと、ブレる。
どうか気をつけてほしい。

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。