LINEで使える「一言」

LINEで使える「一言」

「一緒にご飯に行かない?」

返事が返ってこない。
いわゆる既読スルーだ。

モヤモヤする、
なんでなんで、って考えてしまう。

メルマガでも、お客様にどれだけ熱いメッセージを送っても
開封率は5%以下で、クリック率は更に5%
0.25%しか反応しない。

メールですら効果が無いのに、
LINEで誘っても効果があるわけない。

なぜ反応がないんだろうか?
・・・だめな理由を探してしまう。
違う、違う、そうじゃなぁ〜い…
だめな理由からは何も生まれない。

全てがダメな理由につながるからだ。
それよりも上手くいく方法を見つけるほうが早い。

上手く行く方法に集中すれば、
・改善点が少なくて済む
・時間もお金も少ない投資で済む
・なにより精神的ダメージも少ない。

そこで、
メルマガで上手く行ったこと
反応があったことを
LINEで使うとどうなるだろうか?

■メルマガで上手く行った事例
クリック率が28.4%向上し
RPMが25%上昇した方法

=============
RPMとは?
メール1000件あたりの収益
計算式
インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告表示回数)×1000)

メールの表示回数 45,000 回での収益額が 90万円になる場合
インプレッション収益は(90 万円/45,000)×1,000 = 2 万円
==============

何を変更したら
それだけ反応があったかというと

 

 

 

 
「行こう」っていうボタンを

 

 

 

 

 

 

「今、申し込む」に変えた。
このマイクロコピーに変えただけだ。
分解してみよう。

行こう = 申し込む
行動を簡単にした。

たとえば「一緒にやろ!」って言われて
アブナいことだったら嫌だし、
より簡単にすることでハードルを下げてる。

いつ? = 今
質問に関して情報がないと反応がでない。

逆に言うと、断れるようにしたんだ。
今じゃない人、興味のない人を弾いて
興味ある人にだけ届くようにした。

つまり、どちらにも言えることは、
顧客に「考える」という精神的な苦痛を
感じさせないようにしたのだ。

今回で言えば、この2つ

・行動のリスク
・タイミング

これをLINEのメッセージに変えるとどうなるだろうか?
「一緒にご飯に行かない?」

「◯日もしタイミング良ければお茶しましょ」
と変わる。

1.疑問形を取り外してみた
2.ご飯 をより時間の短い お茶 に変えた
3.一緒にを外した
4.◯日とタイミングを明らかにした

この結果、
返信率は
5% ⇒ 34%
約7倍に返信が出るようになったのだ。

お客様に買わせたい!
ってみんな思うけど、

お客様は「買いたい」って思ってない
・よく知らないし
・興味もまだ持ってないし
・考えるのもめんどくさい

そこに先回りして、
少しだけ語尾を変えてみた。

今一番売ってるページの
ボタンや、リンクの言葉を
少しだけ変えてみよう。

きっと多くの収益が眠ってる。

PS:
もしタイミング良ければ
5月21日13:00〜
東京の汐留近辺でお茶しましょ

「お茶しましょ」って
customer-relations@orecon.co.jpに連絡下さい。

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。