言葉を変えればものの捉え方が変わる

言葉を変えればものの捉え方が変わる

こんにちは、ヤマタクです。

お盆休みが昨日からというところもあるかもしれないが、
いかがお過ごしでしょうか?

経営者の方なら世間が休みの日こそ、
普段とは違うアンテナを立てている、という方が多いと思う。

 

ところで、人を励ましたり応援する時って、
「頑張れ!」って言ったりしないだろうか?

アメリカでは逆に「頑張りすぎるな!」と言われる。

 

国が違えば、ものの捉え方は変わるが、
もっと言えば、同じ国でも人が違えば、ものの捉え方は違ってくる。

さらに言うなら、言葉の伝え方を変えれば、
相手の、ものの捉え方も変わる。

 

私たちは反応を変える小さな伝え方のことを、
マイクロコピーと呼んでいる。

身近にもないだろうか?

 

例えば、ちょっと古いが、
「冷やし中華あります」

「冷やし中華はじめました」

ほんの少しの違いだが、「はじめました」と言われると、
なんだか新しい感じがしないだろうか?

別に目新しい料理でもないのに、新鮮な感じがする。

冷やし中華を出すのではなく、これから出すのだ。
過去に食べた味を思い出させるのではなく、
今から食べる味を想像させるのだ。

過去ではなく、「今」から未来を捉えたものの見方だ。

 

斜めから見たら、
「キミはこの冷やし中華を食べたいか?」
と挑戦的になるかもしれないな。

自分なら、そんな言われたら食べたくなるだろうが。

 

もう一つ、例をあげよう。

「仕事を休もう」

在り来たりな言葉だが、少し変えるだけで、
自分の仕事ではなく、日本全体の仕事、
とスケールの捉え方を変えた、とても魅力的な言葉になった例がある。

「仕事」を何に変えたと思う?

 

有名なキャッチコピーなので、わかるかもしれないが、
よし、お盆休みの宿題にしよう。

もし分かったら、customer-relations@orecon.co.jpに返信してほしい。

 

では、良い休日を。

ーヤマタク

Share