暗闇での修行(後編)

暗闇での修行(後編)

ワンピース美女が現れたところで終わった前回。

今回、いよいよ暗闇へ入って行くことになった

Sモト
Kさん
ワンピース美女
ワシ

の4名が持っているものを全て没収され、
黒いTシャツに黒いバンツの係のオネーサンに誘導され

入口のドアへ、

ドアをくぐると、
6畳ぐらいのの広さの明るい部屋、
膝位の高さの丸い椅子が6つ円形状に等間隔に並んでいた。

そして、奥の壁には暗幕がかけられていた

「怪しい、あやしすぎる」

全員が緊張し、なんとも言えない雰囲気の中、
黒いオネーサンから「座って下さい」と言われ
全員が座る、そうするとこの体験についての説明が始まった。

全員の身につけている音のするものや、
落とすと分からなくなるようなものを没収。

ついにメガネも没収
鼻メガネの顔が鼻だけになった瞬間。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「暗くしていきますね〜」

ただでさえメガネを外し、のび太なら目が3になっているのに
照明がだんだん落ちていく、、、

薄暗くなった状態で、立ち上がり
暗幕の向こうに行くよう誘導され

暗幕に到着すると
「もう一段暗くします。」

さらに暗くなり、人がいる事がかろうじて分かる明るさに

「私はここまで、こっから交代」
「暗闇のスペシャリストの登場です!」

カチャ。
奥の扉から出てきたのは視覚障害をもったAさん

「こんにちわ〜Aで〜っす。」
部屋とは対照的な明るい声に驚いた。

最初に視覚障害者の手となり目となる
「白杖」を一人一本渡され、使い方の説明。

ワンピースさん「意外と軽いんですね」
ワシ「そう言われると傷つきます」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Aさん「皆さん暗闇ってどんなイメージですか?」

Sモトさん「なんか怖いというか不安と言うか」
Kさん「いいイメージじゃないです、ネガティブな感じ」

ワシ「僕の人生みたいですね」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Aさん「これから暗闇に入っていきますが、
きっと、暗闇イコール楽しいに
変わってしまうでしょう。」

Kさん「たのしみ〜」
Sモトさん「ドキドキしますね〜」

ワシ「オラ興奮してきたゾ!」

Aさん「それじゃぁ、、、真っ暗にします」

そうして本当に真っ暗になった。
本当になにも見えない、どんどん不安になる。
まず、何かに触りたくなる、
そして、白杖で地面を確かめる

それでも何か目の前に黒いもやもやしたものがあるような
そのモヤに手を伸ばし、何もないことを確かめる

Aさん「それではドアの向こうに行きましょう」

カチャ
「Sモトすすみま〜す」
「Kもドアにはいっていきま〜す」
「ワンピースも歩きます」
「ヤマタク動きます〜」

それぞれが自分の名前と動作を回りに伝えながら進みます。
いよいよ、中へ。

続きは明日。

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。