息子を握りしめて・・・

息子を握りしめて・・・

ヤマタクだ。

 

昨日の夜は“ある調査”をしていた。

 

どんな調査かって?

 

もちろん夜の店の調査だ!

 

それにしても、
世の中には様々なお店がある。

 

例えば、

 

・デブ専門店

・熟女専門店

・イラ●●オ専門店

 

おっと、、、

 

まぁ探せば探すほど
ワシでもビックリするような専門店がある。

 

一見、

 

「こんな店、誰が行くんだ?」

 

なんて思ってしまうような
めちゃくちゃニッチな店が数多く存在するわけだが、

 

それらの専門店は
不思議と流行っている、、、

 

「そりゃ、モノ好きがいるんだろ~」

 

なんて言ってしまえばそれまでだが、
ちょっとだけ考えてみてほしい。

 

もしチミが、
周りからドン引きされるくらいの【デブ好き】で
下半身がいきり立ってどうしようもない夜。

 

1万円札を2、3枚握りしめて
前かがみで家を飛び出し、

 

自分の息子を握りしめてもらうために
夜の街へと繰り出したとしよう。
(もちろん前かがみで)

 

無料案内所へと入り、
どの店にしようかと悩んでいる時

 

デブ好きのチミなら
どんな店に狙いを定めるだろうか?

 

当然、チミがデブ好きなら
IWGPヘビー級タイトルマッチに出場するような
大物選手が大勢揃っている店を選ぶはずだ。

 

そして間違っても、

 

おデブさん、熟女さん、ドMさん、女王様などなど、
すべての性癖を満たすことができる店なんて
興味を抱かないと思うし、

 

チミの目の前にデブ専門店と
すべての性癖を満たしてくれる店が
2つ同時に現れたら
99%の確率でデブ専門店に入るだろう。

 

片手には2万円を握りしめ、
もう片方の手には、、、もうやめておこう。

 

そう、ムスコの話だ。

 

いや、違う!デブ専の話だ。

 

ヤマタクが一体何を言いたいのかというと、
幅広い品揃えの店よりも専門化した店のほうが
より熱いお客さんが来てくれるってことだ。

 

「お、やっとビジネスの話になったか」

 

ワシを舐めないでもらいたい、
いや、女性には舐められたいが!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スベったところで、本題へ。

 

あなたのお店は専門化されているだろうか?

 

「つまり、どういうこと?」

 

では説明していこう。

 

チミが中華料理店を経営していたとする。

 

ラーメン、餃子、回鍋肉、青椒肉絲、
天津飯など、様々な料理を提供している。

 

しかし、目の前に某有名中華料理店が出店!

 

しかもヤツらのメニューにも
ラーメン、餃子、回鍋肉、青椒肉絲、天津飯、、、
まるで同じメニュー。

 

しかも、チミのお店よりも
少しばかし価格が安いときた!

 

ふざけんじゃね~と言いたいだろう。

 

しかし、これは現実として十分起こりえる話だ。

 

では、こんな時どうすればいいのか?

 

それがさっきも話したデブ専の例だ。

 


間違っても中華料理店を専門化するために
デブ専に走ってはいけない・・・

 

それは単なるアホか、よっぽどの変態だ。

 

じゃあどうするか?

 

それは、ラーメン専門店や餃子専門店にするってことだ。

 

どんなお店でも、そこだけの強みがある。

 

例えば、チミのお店で
たくさん買い物をしてくれるお客さんを
上位20%に絞り込んでリストアップしてみよう。

 

おそらく80対20の法則のように
上位20%のお客さんが
80%の売上貢献をしてくれているはずだ。

 

そして、上位20%のお客さんが
どんな商品を好んで購入しているかを調べる。

 

それがチミのお店で
最も評価されているメニューという予測がつく。

 

しかも、購入してくれているのは上位顧客だ。

 

まぁ難しい話については
ワシのセミナーにでも来てもらうとして、

 

今回はチミのお店が
【専門店】にできないかを考えてもらいたい。

 

じゃあ専門店にすることで
どんなメリットがあるかというと、

 

・熱いお客さんが集まる

・単価が上げられる

・リピート率が上がる

 

などなど、非常に楽しそうじゃないか?

 

専門化することでチミが今以上に
楽しく儲けることができるのは間違いない。

 

ということで、
是非チミのお店の強みを発見して
出来る限り専門化してみてもらいたい。

 

質の悪いお客に振り回されることなく
好きなお客さんだけに囲まれて
楽しく儲けられる経営者になれるはずだ。

 

-ヤマタク

 

PS:

ヤマタクはデブ専ではないので
くれぐれも勘違いしないように。

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。