女子にふられた件

女子にふられた件

おはようからおやすみまで

あなたの暮らしを支える

オレコンのヤマタクです。

いきなりだが、

チミはフラれたことある?

ワシにはある。

まだ10代だった頃、

好きだった女子にフラれた。

しかし、

同じクラスだったカズユキくん、、、

彼は別のクラスのミユキちゃんが大好きで、

放課後に校舎の裏へ呼び出し

勇気を振り絞って告白した。

するとミユキちゃんは

まったく動揺することなく

カズユキくんに向かってこう言い放った。

「ゴメン、私ポールマッカートニーが好きなの」

「・・・」

20世紀最高の音楽家と称されたポールに

放課後、女子のリコーダーを

こっそり舐めたことがあるカズユキくんが

、、、勝てるわけがない。

カズユキくんのフラレ方は極端だが

チミもフラれた経験があるなら

その理由は単純だ。

要するに、

チミの優先順位が低かった、ということ。

・チミよりも優先順位の高い人に出会った

・チミよりも優先順位の高い夢を見つけた

・チミよりも優先順位の高いヤマタクに出会った

まぁそんな具合だろう。

チミも経営者なら、

優先順位については理解していると思う。

「あの~ヤマタクさんの恋愛話には興味ありません」

ですよね、そうですよね。

「そうなっちゃいます?」

by バイキングウォーキング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからは真面目な話だ。

優先順位と言えばワシの得意分野の

時間管理にも大きく関わってくる。

チミも時間管理に関しては周りの経営者よりも

圧倒的に詳しいだろうし勉強もしているはずだ。

「優先度の高い仕事から取り組もう」

こんなふうに朝から張り切っているかもしれない。

しかし、いつの間にか

・単純な作業に振り回され、

・スタッフから質問攻めを受け

・アッという間に夜になって疲れ果てている。

と、こうなるわけだ。

そこで、オレコンでは

自分の時間をコントロールしようと伝えている。

なぜなら、

時間がコントロールできるようになれば

売上も利益もコントロールできるからだ。

しかし多くの人が

時間のコントロールと聞くと

・時間管理の本を購入しよう

・手帳術を実践してみよう

・緊急重要マトリクスに取り組もう

といった行動に出る。

チミも一度くらいはこれらのツールを

実際に活用したことがあるかもしれないし、

今現在使っているかもしれない。

もしそうだとしたら

非常に残念なお知らせだ。

なぜなら、

これらは時間管理のツールなのに

むちゃくちゃ重要なものが抜けているからだ。

「ヤマタクさん、焦らさないで教えてくださいよ」

「焦らすのは好きです。

でも、ベッドで焦らす方がもぉ~~~~っと好きです!」

(某引っ越し業者のCMより)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話を戻そう。

抜けている重要なもの。

それが「明確な判断基準」だ。

判断基準がないとどうなるのか?

判断基準を持っていなければ、

重要度の高い仕事と言われても

・どの仕事が重要なのか

・どの仕事が重要ではないのか

・で、結局何から取りかかればいいんだ?

といった事態になる。

そこで登場するのが

生産性という考え方だ。

生産性の高い仕事を

・経営者自身が選別し

・その仕事だけに時間を使い

・それ以外の仕事を切り捨てる

つまり生産性という

判断基準を持たなければならないわけだな。

チミが欲しい時給を計算し、

その時給を手に入れるには

どれだけの生産をしなければいけないか?

これを把握してほしい。

その上で、

チミが欲しい時給以下の仕事を

スタッフか外注先に振り分けるようにしよう。

我々経営者というのは

うっかり何でもやってしまうクセがある。

きっと心当たりがあるはずだ。

でも気をつけてほしい。

チミの時間はタダではないのだから。

ーヤマタク

PS:

生産性を高めるために

外注先を探してみたものの

なかなか思うような成果が出ない?

それならこの記事で

13のチェックリストを書いているので

ぜひ活用してみてほしい。

http://www.orecon.co.jp//archives/1707

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。

おすすめの記事