おまえがナンバーワンだ!!

おまえがナンバーワンだ!!
  「おまえがナンバー1だ!!」     チミはこの台詞を知っているか?     鳥山明先生による 『ドラゴンボール』の中で登場する 孫悟空(カカロット)のライバル     そして、我々が小学生の頃に 半ズボンを反応させた“ブルマ”の夫     そう、サイヤ人の王子、 ベジータ様の有名な台詞だ。     ちなみにベジータ様は他にも 数々の名台詞を生み出している。     「まるでスーパーサイヤ人のバーゲンセールだな」     「オレは、超ベジータだ」     「戦闘力、8000以上だ!!」     「バ、バカの世界チャンピオンだ!!」     「きたねえ花火だ」     自分で超(スーパー)ベジータ というのはさすがだ。     ただ、これらはすべてベジータ様だからこそ カッコ良くて受け入れられるわけだが、     「オレコンは戦闘種族だ!!!!」     「このオレ、ヤマタクを半殺しにしろ!!!!」     「貴様のような下級戦士が超エリートの ヤマタクに遊んでもらえるなんてラッキーだ」     ヤマタクがこんな台詞を言ってもスベるだけろうし、 むしろ半殺しにされかねない。     ============================= 「半殺し」で検索 “ほとんど死ぬほどの目に合わせること“ =============================   「わかりました!ヤマタクさんを傷めつけたらいいんですね?」     ・・・やめろ!!!     最近、筋トレの回数を増やしているから チミが襲いかかってきたとしても、 ワシは全く動じない。     チミにワシは倒せない 死ぬほど鍛えているからな。     ・・・空気椅子で。     「貴様のような下級戦士が 超エリートのヤマタクに遊んでもらえるなんてラッキーだ」     うん、きっとこんな感じだ。   ーーーーーーーーーーーーーーーーー 待て、今日はそんな話がしたかったわけではない。     冒頭で言った通り、 “チミもナンバーワンになれる” という話だ。     もちろん超サイヤ人になれるわけではない。     そうではなく、 【ナンバーワンを使いこなせ】ということだ。     つまり、チミのWebサイトに     ・●●地域No.1   ・顧客満足度No.1   ・メディア掲載数No.1     といった独自のNo.1を作り出して 目立つように掲載してほしいのだ。     これは信頼性を強めるのに とてつもなく強力な方法だ。     だから   ~ナンバーワンになれなくてもいい~   というSM●Pの歌詞は無視してもOK。     「ヤマタクさん、そうは言っても 簡単にナンバーワンになんてなれません」     ナンバーワンになるのではなく、 作ってしまえばいい。     例えば   ・地域を極限まで狭める   ・ジャンルを目一杯絞り込む   ・顧客の性別や年齢を絞り込む     「●●地域でメディア掲載No.1」   「●●地域で50代のお客様からの支持率No.1」   「●●業界でヤマタクの満足度No.1」     もう完全に作り放題だ。     当然、常識の範囲内でやるのは大前提だが、 これならいろいろと考えられるはずだ。     今すぐ実行してみてほしい。     ーヤマタク     PS:   No.1を作り出した暁には オレコンからこの言葉を贈ろう。 ↓↓↓ 「おまえがナンバー1だ!!!!!」     ・・・スベってますね。    
Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。