ヒゲ禁止について

ヒゲ禁止について

 

 

 

ヤマタクです。

 

 

「ひげ禁止は憲法違反」

 

 

昨日チラッとそんな記事を見た。

 

 

本人は

「ひげの手入れを怠ったことはない」として

非常に怒り狂っている模様。

 

 

わかる、わかる。

 

 

ワシも一時期ヒゲを全部沿っていたが

 

「ヤマタクさんはヒゲでしょ!」

 

って感じで(林修風に)言われた。

 

 

でも、ワシはその時思った。

 

 

みんなが見ているのは

 

 

・ヤマタクの鍛えた身体でもなく

・ヤマタクの可愛い瞳でもなく

・ヤマタクのお気に入りスーツでもなく

 

 

・・・ヒゲだということを。

 

 

「ヤマタクさん、今日はヒゲの話?」

 

 

ヒゲの話をしたいところだが

100万文字くらいになりそうなので

今日のところはやめておこう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

って違う、違う。

 

 

これはチミが

WEBサイトをゼロから作る時や

すでにあるサイトを改善する時にも

めちゃくちゃ重要になってくる話だ。

 

 

なぜなら、

チミのWEBサイトに訪れた

見込み客の目線を

一番見てもらいたい場所まで

意図的に誘導する必要があるからだ。

 

 

そう、こんな感じだ。

「誘導灯の振り方がカッコ良すぎる交通誘導員」

https://www.youtube.com/watch?v=96Dij1_lzXs

 

 

もうね、めちゃくちゃ

思い通りに誘導しまくっているわけだ。

 

 

それにここまでされたら

言う通りにする以外に選択はない。

 

 

でもチミもこの誘導員のように

訪問者を意図的に誘導することで

 

 

・申し込みボタンを押してもらったり

・メールアドレスを登録してもらったり

・問い合わせに繋げなければいけない。

 

 

では、一体どうやって誘導すればいいのか?

 

 

それが、「視線」を使うテクニックだ。

 

 

「ヤマタクさんの視線なんて知りたくないです」

 

 

チミは知らないだろう。

 

 

メガネを外した時のワシの瞳を。

↓↓↓

=============================

(3д3)/どうも、ヤマタクです。

=============================

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スベったところで話を戻そう。

 

 

視線のテクニックというのは、

訪問者の視線を意図的に誘導すること。

 

 

つまり、

【意図的にモノを購入させる】

ということでもある。

 

 

チミのWEBサイトの目的は何だろうか?

 

 

もちろん売上を上げて

最終的に利益を得ることだと思う。

 

 

それなら

サイトを訪れたお客さんが

「いつの間にか買ってしまった」

という状態を作り出さなければいけない。

 

 

そのキッカケとして

まずは見てもらうことが大事になる。

 

 

なぜなら、

お客さんに見てもらえないことには

売れたはずの商品やサービスの

存在にすら気付いてもらえないからだ。

 

 

では、何をすればいいのか?

 

 

例えば、

 

 

・興味を引く情報を置いたり

・色を変えたり

・目立つ画像を入れたり

 

 

つまり、チミが見て欲しい場所を

思わずお客さんが見てしまうように

何か目立つものを置くんですな。

 

 

そうすることで、

見る人の母数が圧倒的に増える。

 

 

ビジネスは掛け算だから

母数が増えるということは

購入する人や問い合わせする人も増えわけだ。

 

 

チミのサイトは誘導できているだろうか?

 

 

一度見直してみはいかが?

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:

視線のテクニックについては

コチラの記事でもご覧になれる。

http://www.orecon.co.jp//archives/461

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。