モーラーって知ってる?

モーラーって知ってる?

 

 

ヤマタクです。

 

 

チミはモーラーという

おもちゃを知っているだろうか?

 

 

そう、このCMだ。

↓↓↓

「モーラーの空中浮遊」

https://www.youtube.com/watch?v=HWpT9MLtfLU

 

 

動画を見てみると分かるが、

 

 

「まるで生きてるみたいじゃね~か!」

 

 

というのが最初の印象が。

 

 

ワシも初めてこのCMを見た時は

手に持っていた“ヤンヤンつけボー”を投げ捨てて

テレビ画面に釘付けになっていた。

 

 

ほ、ほしい・・・

 

 

「遂におもちゃもここまで進歩したか!」

 

 

ワシは我慢できずに

貯めていた小遣いを握りしめて

近所のおもちゃ屋へと走り出した。

 

 

店内に並んでいるモーラーを見て

「コレコレ!!コレやがな~!」と

桂ざこばのような口調で早速購入し

ワクワクしながらパッケージを開けた。

 

 

しかし、購入したモーラーは

ワシの知っているモーラーではなかった。

 

 

ショボい目のシールが

ちょこんと貼り付けられており

先端には釣り糸よりも細い糸が繋がっていた。

 

 

「え!?モーラーってスイッチひとつで動き出すんとちゃうの?」

 

 

しかし、動かない。

 

 

ピクリともしない。

 

 

あのモーラーはどこに行ったんだ?

 

 

まるで生きているかのように

スイスイと手の上を這いまわる

CMのモーラーは・・・

 

 

ワシがモーラーをジッと見つめていると

洗濯物を持って通りかかった母親が言った。

 

 

「何それ?気持ち悪い!」

 

 

あの言葉は今でも忘れられない。

 

 

チミはこのモーラーのエピソードから

何か学ぶことはないだろうか?

 

 

「ヤマタクさんわかりました。

気持ち悪いおもちゃは買いません」

 

 

ちゃうちゃう!

 

 

犬のチャウチャウを見た時に

「あれってチャウチャウちゃうん?」

「いや、チャウチャウとちゃうやろ」

「ちゃうの?チャウチャウと?」

とかなってしまうが、

そんな話をしたいわけではない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・要するに、

 

 

ワシが言いたいのは、

商品の見せ方を工夫するということだ。

 

 

と言っても、モーラーのように

誇大表現しろと言っているのではない。

(実際クレームも多かったはずだ)

 

 

そうではなく、

チミのWEBサイトに掲載している

商品画像の見せ方を工夫しようという話だ。

 

 

例えば、

 

 

・あらゆる角度から見せたり

・大きく見せたり

・イメージしやすいように見せたり

 

 

今使っている画像を更に分かりやすく

お客さんがイメージしやすいように

修正したり追加するというわけですな。

 

 

そうすることで、

チミのサイトを訪問したお客さんに

実際に商品を手にとって見ているような、

そんな感覚にさせることができる。

 

 

その結果、

購入率が増えて売上も上がる。

 

 

というわけで、

今すぐチミのサイトを見直し

 

 

・分かりにくい商品画像はないか?

・小さすぎて見にくくないか?

・実際に使用している様子を見せられないか?

 

 

という改善点を見つけ出してほしい。

 

 

そうすることで、

チミのサイトの成約率が

どんどん改善されていくだろう。

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:

 

分かりやすくするための方法を

コチラの記事でも書いている。

http://www.orecon.co.jp//archives/765

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。