ショーンKについて

ショーンKについて
    ショーンKの詐欺疑惑が 大いに盛り上がっておるな。     ハーフっぽい見た目や 理想的な経歴に 多くの人が騙されたわけだ。     今日まで7回に渡って チミがやるべきWEBサイトの 改善点について話してきたが、   今回ショーンKがやらかした事も 実はこの話につながってくる。     メラビアンの法則について 話したと思うが、 チミは覚えているだろうか?     人間がコミュニケーションから 影響を受けるもののうち ・55%が「視覚情報」   ・38%が「聴覚情報」   ・7%が「言語情報」     という研究結果だ。     つまり、「視覚」というのは 人間が最も影響を受ける情報ということだ。     先週のメルマガでも話した通り、、、   まずひとつ目は チミのサイトに訪問してくれた 見込み客を意図的に誘導し、   ・申し込みボタンを押してもらったり   ・メールアドレスを登録してもらったり   ・問い合わせに繋げるための   ・「視線」のテクニックだ。   これで「いつの間にか買ってしまった」 という状態を意図的に作り出す。   詳しくは記事を読んでもらいたい。 http://www.orecon.co.jp//archives/1855     そして次に、 「何を伝えるかではなく、どういう伝え方をするか」。     多くのWEBサイトは、 「お店の商品やサービス」に関する情報を とにかくたくさん詰め込もうとしてしまう。     要するに「何を言うか」に 意識が向いているわけだ。     そうではなく「どういう言い方」をすれば 見込み客の感情に訴え、 注文ボタンを押してくれるかに焦点を当てて、   ・お客さんは何を好むのか?   ・何を一番信頼しているのか?   ・そして逆に何を信頼していないのか?   こうやって見込み客に視点を移すことが 「行動をデザインする」ということだ。 http://www.orecon.co.jp//archives/1860     そして次に、見せ方の工夫だ。     多くの人は自分の商品のことを 詳細に理解しているからこそ 「お客さんは分かってくれるだろう」と おおざっぱな写真しか使っていない。     しかし、お客さんからすると チミの商品を初めて見る場合もあるし、 使い方も分からないかもしれない。     そんな時、   ・あらゆる角度の写真   ・大きい写真   ・実際に使っているところの写真     これらを追加することで、 お客さんは自分が使っているところを 具体的にイメージしやすくなるので 結果として購入率が上がるんだな。 http://www.orecon.co.jp//archives/1874     次にコピーライティングについてだ。 これに関しては何度も話してきたと思う。     文章だけで解決させようとしている コピーライターはけっこういる。     しかし、それは大きな間違いで ことWEBサイトに関して言うと、 デザインのやり方次第で成約率に もの凄~~く大きな差が出てしまう。     我々経営者は、成果に対して 最も重きをおいているはずだ。     それなら、 時間をかけてコピーを勉強するよりも 早く成果を上げなければいけない。     そのためにはスピードが大事 という話をしていたわけだな。 http://www.orecon.co.jp//archives/1879     で、今朝は4つ目のテクニックとして 「分かりやすくする」という話をした。     お客さんを迷わせないためにも、   ・分かりやすさ ・シンプルさ   この2つがもの凄く重要になる。     なぜなら、見込み客というのは チミのサイトを一生懸命見てくれる程 暇ではないからだ。     パッと見た瞬間、 目にとまるページ作りをしておくかどうかで 直帰率や成約率も大きく変わってくる。     ・わかりやすいか? ・シンプルで見やすいか? ・余計な情報が多すぎないか?     これらについて 是非チェックしてもらいたい。 http://www.orecon.co.jp//archives/1889     そして、手っ取り早く WEBサイトの成約率を上げるための テクニックがたっぷり詰まったセミナー。     それがコチラ。 http://www.orecon.co.jp//lp/20160326/   もうすぐ受付終了なので できれば今すぐ確認してもらいたい。     ーヤマタク     PS: ショーンKのやり方は チミも参考にしてほしいが、 くれぐれも詐欺はしないように。 http://www.orecon.co.jp//lp/20160326/  
Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。