美しい人生を~~

美しい人生を~~

 

 

あれは先週の出来事。

 

 

ワシはいつものカフェで

エッグホットサンドと

キャラメルのラテアートを楽しんでいた。

 

 

そう、洒落乙なカフェで

美味しい朝食を食べてる自分。

 

 

しかもそれを

facebookに投稿している自分

完全にオ●ニーである。

 

 

しかも、食後にチョコケーキを頼み

2回目の投稿をしてしまったワシは

「うんこ美味しそうですね。」という

ホットなコメントまでいただく始末。

 

 

そんな中、右後ろに座っていた

松崎しげるにそっくりなオジサンが

日経新聞をジーっと見つめていたのだが

どう考えてもちょっと様子がおかしい。

 

 

美しい人生を~~~~~♪

 

 

と歌い出しそうとうわけではない。

「愛のメモリー - 松崎しげる」

https://www.youtube.com/watch?v=zCH8uO6Bb2U

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

話を戻そう。

 

 

その松崎しげる似のオジサン

“虫メガネ”で新聞を読んでいたのだ。

 

 

「ヤマタクさん、ウソはダメですよ」

 

 

いやいや、ホントだって!

 

 

松崎しげるのところは確かに

ちょっと盛った感あるかもしれんけど

虫メガネはホントです。

 

 

・・・まぁいい。

 

 

でも実はこれ、我々がWEBサイトで

気をつけないければいけない

重要なポイントでもある。

 

 

「虫メガネを売るんですか?」

 

 

さよう。

すなわち隣人これ虫メガネであり

人類これすべて虫メガネだ。

 

 

最近チミのような読者が増えたことで

ワシも嬉しく思う。

 

 

もう話がめちゃくちゃだが、

ワシが言いたいのは

 

 

「顧客に適した見せ方ができているか?」

 

 

ということだ。

 

 

さっきのオジサンが

虫メガネで新聞を読んでいるように

チミのWEBサイトも

それと同じように見にくくはないか?

 

 

例えば、

顧客の平均年齢が50歳くらいで

フォントサイズが10とか

そんなのマジで読めね~Yo!!

(敢えてラップ調にしてみたんやで~)

 

 

事実、60歳以上の被験者に

様々なサイズの文字を見てもらった結果、

10ポイントを下回ると読めない人が続出した。

 

 

これは文字だけじゃなく

画像でもボタンでも全部同じ。

 

 

是非チミのサイトも顧客の視点で

見直して改善してみてもらいたい。

 

 

意外と見落としている点があるはずだ。

 

 

それでは、最後にお聞き下さい。

 

国生さゆりで、「大きい猫」(あ、大きくってことネ!!)

↓↓↓

「国生さゆり – 大きい猫」

https://www.youtube.com/watch?v=aNwIrh1j3g0

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:

文字サイズを変えただけで

売上が1.5倍とか2.5倍とか

けっこう頻繁に起きている。

 

もっと詳しく知りたいなら

↓↓↓

今すぐコチラをクリック

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。