カップヌードル

カップヌードル

 

 

ヤマタクです。

 

 

これまで数回に渡って

WEBサイトのコンバージョンを上げる方法について

具体的な事例も交えながら解説してきた。

 

 

「え?そうでしたっけ?」

 

 

チミみたいに人の話を聞いてないヤツは

下りのエスカレーターに登ろうとして

結局一歩も進むことができず

そのまま帰らぬ人となるかもしれんぞ。

 

 

ワシがどれだけ重要な話をしてきたか

チミには伝わっとらんかもしれんから、

今日はちょっとだけおさらいをしておこうと思う。

 

 

カップヌードルを作る時は

ボクシングの試合開始のゴングに合わせれば

自分で3分計る必要がない。

 

 

って全然違~~~うっ!!

 

 

別にカップヌードルのCMが中止になったからって

このネタを出したわけではない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さ、ここからは真面目な話。

 

 

WEBサイトのコンバージョンUPについて

まずは「具体的にしよう」という話をした。

 

 

“ヤマタクさんの長なす”を例に出して

アンケート結果を加工・編集してしまおうと、

そんな話をしたと思う。

 

 

「多くのお客さまからご満足頂いています!」

 

「季節の食材をたっぷり使用しています!」

 

「ヤマタクがいっぱい入っています!」

 

 

とかじゃなくて、

 

 

「昨年、当店のナスビをご購入頂いた

30代の主婦1000人のうち973人が

“スーパーで売ってるのより美味しい”と答えた

ヤマタクさん手作りの長ナス♪」

 

 

って感じで具体的にしようってことだな。

詳しくはコチラ

https://www.www.orecon.co.jp//archives/1948

 

 

そして次に、「数字の使い方」だ。

 

 

集めたアンケート結果を元にして

情報の見せ方を少し変え、

 

「お客様満足度97.3%」

 

と、このように見せ方を変えるだけでも

チミのサイトを訪れた見込み客の反応は大きく変わってくる。

https://www.www.orecon.co.jp//archives/1954

 

 

そして次に「リスク情報の伝え方」。

 

 

多くの人がデメリットやリスク情報なんて

わざわざ載せようとは思っていないが、

実際は販売者側にとって不都合な情報でも

伝え方や見せ方によってはヒットする可能性が十分にある。

 

 

ここでは「訳あり商品」を例に出して解説しました。

https://www.www.orecon.co.jp//archives/1963

 

 

そして次は、「顧客視点に立とう」って話。

 

 

チミのお客さんの平均年齢が60歳だとして

フォントサイズが9とか10だったとしたら

そりゃ読まれないよねって話。

 

 

実際、文字を大きくしただけで

売上が1.5倍とか2倍になることがある。

https://www.www.orecon.co.jp//archives/1985

 

 

まぁ大きくまとめると

すでにチミが持っている情報を元に

顧客の視点にちゃんと立って、

加工・編集することで今よりも確実に

コンバージョンが上がるって話だ。

 

 

そしてこれは、ただ知っているのと

実際にやっているのとでは全く違う。

 

 

知識から利益は生まれないし、

利益を生むのはいつだって実践した時だけ。

 

 

もしチミがもっと実践レベルの話を

ヤマタクから直接聞きたいと少しでも思ったなら

コレがおすすめだ。

↓↓↓

今すぐコチラをクリック

 

 

 

既にいい感じに席が埋まってるから

チミも参加してくれるなら

できるだけ早めに申込むことをおすすめする。

 

 

オレコンの上級クラスでもある

「オレコンACADEMY」の受講生も参加するので

レベルの高い経営者との繋がりも持てるだろう。

今すぐコチラをクリック

 

 

会場でチミにお会いできることを楽しみにしています。

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:

懇親会もやる予定なので

是非チミにも参加してもらいたい。

 

 

オレコンの仲間として

みんなで飲みましょうぞ。

 

 

女性参加者も数名いるので

男臭いのが苦手な女性のチミも

安心して参加してほしい。

今すぐコチラをクリック

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。