型抜きのひょうたんは難易度が高い

型抜きのひょうたんは難易度が高い
    ヤマタクでございます。     まずは何も言わずにこちらをご覧いただきたい。 「黒出目金の目がプルンプルン①」 https://www.youtube.com/watch?v=w5GWFSoW5Po     なんというか、こう ホントにプルンプルンですね。     金魚を見て思い出すことと言えば お祭の金魚すくいだと思う。     ワシが小学生の頃一緒によく遊んでいた 友達のタカフミくんは 金魚すくいがめちゃくちゃ上手かった。     何がスゴいって、 和紙で救う場合でもコーンで救う場合でも 完全に手の平を下に添えているところだろう。 (「救う」って書いてるのも意味があるんやで〜〜)     そう、思いっきりズル。     ワシはタカフミ君のズルがバレて 屋台のおっちゃんが彼に対して思いっきり ビンタしているシーンを今でも鮮明に覚えている。     もうビンタとかいうレベルではなく ライガーの掌底に近い感じだった。   ライガーの掌底についてはコチラを参照。 「ライガーの掌底」0分09秒あたり https://www.youtube.com/watch?v=tOb3IJzYql0     「ヤマタクさん、今度会った時は掌底すればいいんですね?」     ・・・やめろ!!     チミが掌底で向かってくるなら ワシはドラゴンスクリューをお見舞いしてやろう。   ドラゴンスクリューはこんなん。 「ドラゴンスクリュー」 https://www.youtube.com/watch?v=Lik0-SqDWGk     ちょっとだけ話は反れたが 実はタカフミ君にはもう1つ得意なことがあった。     それが、型抜き。     もしチミがワシと同世代なら 型抜きの厳しさはよ~く知っているはずだ。     最初の一刺しで、いきなりすべてが 粉々になったことがあるかもしれない。     いやいや、最初は針を使わずに 手で割れる箇所は手で割っていくゼ! なんて人もいるはずだ。     ただ、それが出来るのはせいぜい 中心が太めのヒョウタンくらいで、   同じヒョウタンでも 中心が死ぬほど細いのが来た時には 一瞬で真っ二つに割れてしまう。     しかし、タカフミ君は違った。     彼は真っ二つに割れたヒョウタンの型抜きを こっそりと半ズボンのポケットに入れて 自分の家に持って帰っていたのである。     何のために?     翌日の朝早く、 まだ屋台の準備をしている時間帯に ワシは彼と待ち合わせをしていた。     軽快なスキップで現れたタカフミ君。     その手に持っていたのは 接着剤でキレイにくっついたヒョウタンでないか!     これならバレない!バレないぞ!     2人はのけ反り返りながら ガッツポーズで朝日に向かって叫んだ 「ヒひぃ~~~~やっっほおぉぉ~~~いぃぃ~~~~~!!!!」     そして屋台の営業が始まった瞬間 タカフミ君は自信満々でヒョウタンを差し出すと 屋台のオジサンは言った。   「それ、昨日失敗したヤツだろ?帰れ!」と。     朝一番に行くという痛恨のミスを犯した2人は 金魚すくいの屋台へと姿を消した。     さて、チミはこの話から何を学ぶ?     「あの~ヤマタクさん、一体何が言いたいんですか?」     へ?わかりません?     チミもまだまだ勉強不足ですな。     ーヤマタク     PS: 子供の頃は当たり前だったのに 大人になって忘れてしまったものは意外と多い。   どうせ仕事するなら、 毎日楽しんで働きませんか?   その方が良いアイディアも浮かびます。    
Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。