いい男をゲットするには紹介が一番

いい男をゲットするには紹介が一番

 

 

「いい男をゲットするには紹介が一番」

 

 

飲み屋のママはそう言った。

 

 

チミはどう思う?

 

 

ワシはこの話を聞いて思った。

 

これはビジネスでも同じことが言えるな、と。

 

 

「ヤマタクさんには誰も紹介しませんよ」

 

 

黙れ小僧!!

「【もののけ姫】だまれ小僧!!」

https://www.youtube.com/watch?v=EzAlD6_Lx1Q

※音が出てビックリします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

チミが叱られたところで話を戻そう。

 

 

チミは自分のビジネスで

紹介のシステムを導入しているだろうか?

 

 

「システムってどういうことですか?」

 

 

システムと言っても別に難しい話ではなく

普通に紹介してもらうための仕組みとか流れを

テンプレート化しているかということだ。

 

 

たとえば、顧客の中でもリピート回数の多い

TOP20%の優良顧客に対して紹介を促しているだろうか?

 

 

これは最もコストをかけずに

最も継続率の高い顧客を集められるにも関わらず

ほとんどの経営者が実践していないことのひとつだ。

 

 

もちろん、質の悪い顧客に対して紹介を促しても

その顧客が連れてくるのは同じように質の悪い顧客がほとんどで、

 

逆にたくさんお金を使ってくれる顧客からの紹介なら

同じようにたくさんお金を使ってくれる顧客が目の前にやってくる。

 

 

理由は単純で、

その顧客が紹介したいほど仲が良いということは

価値観やお金の使い方も似ている可能性が高いからだ。

 

 

お金持ちの友達はお金持ちであり

ホームレスの友達はホームレスなんですネ。

 

 

ちょっと話が反れたが、

もしチミが自分のビジネスで

まだ紹介のシステムを導入していないなら

今日からでも紹介を促してみるといい。

 

 

チミが「こんなお客さんがもっと欲しい」

そう感じる顧客だけをリストアップし、

できればメールではなく直接お願いしてみよう。

 

 

ワシの経験上、直接お願いするのが

最も紹介してくれる確率が高くなるからだ。

 

 

「ヤマタクさん、どんな言い方をすればいいんですか?」

 

 

こんな感じだ。

 

 

「●●さんと一緒にお仕事ができてとても嬉しいです。

もしお知り合いで●●さんみたいにやる気のある方がいれば

是非紹介してもらいたいのですが、いらっしゃいませんか?」

 

 

と、こんな言い方でOK。

 

 

チミのことを心から信頼している顧客の方なら

知り合いを紹介してもらえる可能性も高い。

 

 

そして、紹介してくれた顧客には

くれぐれもお礼を忘れないように。

 

 

お礼にもいろいろなやり方があるが、

紹介人数が多ければ多いほど

お礼を豪華にしていくのが一番分かりやすい方法だ。

 

 

例えば、

 

・1人紹介してくれたら1万円

・2人紹介してくれたら2万円

・3人紹介してくれたら5万円

 

って感じで、どうせなら3人紹介したいな~と

無意識に思ってもらえるような工夫をしてみる。

 

 

そうすることで

チミのビジネスを支えている上位20%の顧客が

より質の高い顧客を連れて来てくれるだろう。

 

 

というわけで、是非チミも今日から

紹介のシステムを導入してみてほしい。

 

 

その際、質の低い顧客には

くれぐれもアプローチしないように。

 

同じような顧客が混じってしまうゾ。

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:

おっと、忘れるところだった。

今日はニコ生の放送日です。

 

4月22日(金)20:00からお忘れなく。

↓↓↓

http://live.nicovideo.jp/watch/lv257260221

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。