顧客生涯価値7つの計算方法

顧客生涯価値7つの計算方法

 

 

 

ヤマタクです。

 

 

昨日は顧客の生涯価値についてと

生涯価値の算出方法について

例を出しながら解説したと思うが、

 

 

今日はさらに具体的な方法について

チミにシェアしていこうと思う。

 

 

それでは行ってみましょう。

 

 

「あれ?ヤマタクさん、今日は真面目ですか?」

 

 

まぁアレだ。

 

 

いつもふざけてるヤツが

いきなり真剣な表情になると

女子からモテるって言うじゃない?

 

 

だからさ、たまにはメガネを外して

キラキラした瞳で語ってみようってわけだ。

 

 ε  ε 

  ∀   

「どうも、オレコンです!!」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ってことで、はじめていこう。

  

 

 

【顧客生涯価値7つの計算方法】

 

 

・顧客生涯価値の計算方法 その1:

「一回の販売で残る利益額の平均を出す」

 

 

チミのお客さんが一回の購入で

いくらの利益を落としてくれるか計算しよう。

 

 

・顧客生涯価値の計算方法 その2:

「お客さんの平均リピート回数を調べてそれによる追加の利益額を計算する」

 

 

もしチミのお客さんが平均して

3回リピートしてくれるなら

3回分の利益額をここで追加しよう。

 

 

・顧客生涯価値の計算方法 その3:

「購入に至るまでのマーケティングコストを計算して購入者の人数で割る」

 

 

この数字を知ることで、

購入者一人あたりにかかるコストが明確になる。

(ここは正確に計算してほしい)

 

 

・顧客生涯価値の計算方法 その4:

「見込み客を獲得するまでのコストも計算する」

 

 

さっきと同じように、見込み客についても

獲得するまでにかかったコストを計算する。

(ここも正確に計算しよう)

 

 

・顧客生涯価値の計算方法 その5:

「見込み客から顧客になる確率を計算する」

 

 

未購入のお客さんが仮に100人いたとして、

そのうち10人が購入してくれたとしたら

見込み客が顧客になる確率は10%ってことですね。

 

 

・顧客生涯価値の計算方法 その6:

「顧客一人あたりの総利益額を計算する」

 

 

これは「その1」と「その2」を合わせた金額で

顧客一人あたりが平均していくらの利益を

チミのお店に落としてくれるかを計算する。

 

例えば、10人中5人が

合計1万円使ってくれるなら

5万円÷10人=5000円ってこと。

 

 

・顧客生涯価値の計算方法 その7:

「そこから顧客に引き上げるまでにかかったコストを差し引く」

 

 

例えば、一人の顧客が購入するまでに

2000円のコストがかかっていた場合、

 

今回の例で言うと3回リピートしてくれることで

3000円の利益が手元に残るというわけだ。

 

 

以上が顧客生涯価値の計算方法と手順だ。

 

 

この計算ができるようになると

チミのビジネスが物凄いスピードで成長する。

 

 

なぜなら、かけたコストが

いくらになって戻ってくるかが

明確な数字で見れるようになるからだ。

 

 

最初はややこしいと感じるかもしれないが、

慣れれば簡単にできることなので

是非しっかり取り組んでもらいたい。

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:

これについては、

 

・顧客獲得単価

・顧客生涯価値

 

この2つが大きく関わってくる。

 

勉強熱心なオレコン読者のチミは

既に理解しているかもしれないが、

 

復習の意味でも明日のメルマガでは

これら2つについて解説していこうと思う。

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。