なぜ、ビジネスにはコンテンツが必要なのか?

なぜ、ビジネスにはコンテンツが必要なのか?

オイッス!

 

 

ヤマタクだ。

 

 

いや~なんだか久しぶりですな。

 

 

 

メルマガとかブログは

毎日更新して、

 

顧客との関係性を築かないと

ダメだよとか言っといて、

 

 

「ヤマタクのヤロー止まってんじゃねぇか!」

 

 

なんて思っているチミ、、、

 

 

人間とは弱い生き物なのだ。

 

 

「え?それで強引に終わらせるつもりですか?」

 

 

いやだってさ~

 

 

強引な男ってモテるって言うじゃない?

 

 

こんな感じで。

「スカイツリーを強引完成させる。」

https://www.youtube.com/watch?v=s7AFpFipr2o

 

強引にもほどがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

まぁそれはいいとして。

 

 

ヤマタクが長い期間、

ブログの更新をサボっている間、

 

チミはどんなコンテンツを

顧客に発信していただろうか?

 

 

ブログやメルマガはもちろん、

既存顧客との関係性を深めるためや

新規顧客を獲得するためにも

様々なコンテンツが発信できると思う。

 

 

でも、そもそも何故

コンテンツが大事だと言われるのか?

 

 

現代のWEBマーケティングにおいて

どんなコンテンツが作れるかが

死ぬほど重要な課題になっている。

 

 

なぜなら、検索エンジンでも

有益なコンテンツを上位表示するし、

 

facebookやTwitterなどの

ソーシャルメディアでも、

 

話題になったサイトは急激に

アクセス数も増えるからだ。

 

 

でも逆に、まったくと言って良いほど

コンテンツの中身がしょぼしょぼで

誰の役にも立たないようなものだと、

 

コンテンツでの集客なんて

なかなか出来るもんじゃない。

 

 

もちろん、ソーシャルメディアだって同じ。

 

 

オレコンのメルマガみたいに

しょーもない内容だと

シェアもされずに消えていくわけ。

 

 

だから、

 

その時に重要になるのが

やっぱりコンテンツの中身なんだよね。

 

 

チミのお客さんは日々

膨大な情報を浴び続けている。

 

 

だからこそ、

チミの商品やサービスが

他に比べてどれだけ優れているかを

知ってもらうだけのコンテンツが必要になる。

 

 

これが役立たずなコンテンツだと

チミのお店の信用までも失いかねない。

 

 

つまり、ただ単に

コンテンツを作ればいいってわけではなく、

お客さんとのコミュニケーションも取りながら

最適化していくということが最も大事。

 

 

でも、そうではなく

他よりも断然役立つ内容で

競合とも被らないような、

 

そんな超役立つコンテンツができれば

チミのサイトのアクセス数も増えるし、

 

最終的に商品やサービスを購入し、

売上に繋がる顧客を獲得することができる。

 

 

チミはどうだろう?

 

 

有益なコンテンツを

ちゃんと発信できているだろうか?

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:

 

明日のブログでは、

そもそもコンテンツって何?

 

というテーマでお届けします。

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。