レゴの著作権切れで死にかけ!?

レゴの著作権切れで死にかけ!?
プラッチックがお金に変わるレゴ

作れば作るほど儲かる!
スゴイビジネスやで。
そう思ってた頃が僕にもありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レゴの親族経営の3代目も

同じように思っていたようで、

多角経営の結果死にかけてた。

てか一度死んだ。

それを立て直したのが、

社員の

ヨアン・ヴィー・クヌッドストーブ

タイ人の様な名前だが、

デンマーク生まれだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヨアン・ヴィー・クヌッドストーブ
1968年生まれ。
コンサルティング会社を経て、
2001年、レゴ グループ入社。
04年、35歳にしてCEOに就任。

たった3年で社長抜擢。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
80年の老舗がよ!
この決断だぜぇ〜
この社長が叩き上げ?かは判らないが、

非常にユニークな人事評価を入れている。

しかもそれが機能しているらしい。
その評価基準とはこれだ・・・
「協働しないものにペナルティ」
書籍では
 
 
 
「組織が動くシンプルな6つの原則」

著者: イブ・モリュー、ピーター・トールマン

この本にも詳しく書かれているが、

この評価基準の導入や実行には、

googleも注目していて、

Chromeには、レゴとのコラボ作品として

レゴで好きな場所に好きなレゴの建造物を置いて

地球上に自分のブロックを置いて楽しむ

エクステンションも出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レゴの死
何で死んでしまうような憂き目にあったのか?
・親族経営3代目
・多角経営
・著作権切れ
これって、逆転戦略のところでもやるんだけど、

ソニーのエクスペディアと同じパターン。

実際に中国製のレゴは完全互換で「SY」って名前で
いろんなキャラクターを出している。

アベンジャーとか版権とらず、
スピーディーに出してる「啓蒙」という

互換ブロックは、
軍事系の商品を打ち出し、

「邦宝」は、アジアンテイスト満開の建築物系。

という著作権切れからの中華ラッシュは

さすがとしか言う他無い。

これ、事業として死ぬやん。

安くて完全互換で版権無視で新作出してきて、

一体どう盛り返したのか?

チミならどうするだろうか?

社長のヨアン・ヴィー・クヌッドストーブは…

「リピーターに目をつけた」のだ。

なぜなのか?

レゴの互換性商品を買った顧客は実は、

リピートしない、全くと言っていいほどしない。

リピートしないにも理由がある。

おわかりだろうか。

レゴはレゴクオリティを徹底して

守っておるのだ。

そして、
更にリピーターを大事にする施策として、

レゴのクリエイティブな学習効果を狙って、

レゴ教室なるものが現れ、売れに売れている。

このレゴ教室ではなんと、

中国人にコピーできない、

マインドストームというロボットを使っている。

プログラミングを学び、動かしつつ、

クリエイティブも育むというのが目的なのだ。

もしチミが子供を持つ親なら考えてみて欲しい。

知能が発達するのはどちらだろうか?

・パーツが無いことで問題解決する海賊版

・プログラミングで正しく動く正規版

リピーター対策はどんどん続けていて

・ニンジャゴー

・チーマ
など単発ではなく、シリーズモノを拡充させ、

アニメや映画、スマホゲームでLEGOの認知を広げ、

一度捕まえたら、継続して買わせ続けることで、
生涯客単価を高めることに成功している。

粗悪品すらも、認知に一役買っているのだ。

1.粗悪品を買う 価格は1/3

2.パーツがない、ゆがんでいる、汚れてる

3.二度と買わない、でも子供は遊ぶ

4.本物を買う

この流れができているのだ。

そして、何よりもレゴを凄いビジネスにしたのは、

子供から、大人までレゴのアイディアを常時集め続け、

新商品を生み出しつ付ける仕組みを作ったことなのだ。

なんとレゴの商品設計をする、

「レゴデザイナーは200人」

25カ国から集めて市場の多様性を確保。

消費者の好みと合うよう、

子供から大人までレゴの「ファン達と交流」し、

商品を開発!

商品企画を社内の専門家が作るのではなく、

あくまで マーケットインにこだわってヒアリング。

さらに、こどもから大人までという

なが〜〜〜〜〜〜〜い

生涯顧客をの道を作り、

25カ国以上もの国からデザイナーを集め

市場を拡大させる。

このムダの無い戦略。

海賊版にできない「ファンを作る」

そして「ファンが商品を作る」

というエコシステムを開発したのだ。

なんと商品化のアイディアを出したファンには、

売上の1%が支払われる「レゴアイディアズ」

という 仕組みがある。

この仕組を商品に持たせること、

販売し、長期的に顧客をファンにし、

そして、コミュニティを形成させ、

新たな商品を生み出す。

モノで売っていたら、

レゴは死んでいただろう。

顧客の流れで売ることが、

生き残るためには必要なのかもしれない

チミの商売は「モノ」を売ってる?

それとも顧客の「流れ」を作ってる?

 ーヤマタク


PS:

ちなみに、
今募集しているのはコレ!

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。