マイクロコピーライティングとは?

マイクロコピーライティングとは?

Q.マイクロコピーってなに?

 

 

A.ボタンの文字やフォームまわり、
エラーメッセージ、写真のキャプションなど、、、


正直言ってこれまで、コピーライティングの教材や、
専門家が全く話さなかった、
非常に細部の箇所のコピーのこと。

 

 A/Bテストの普及によって、
ダイレクトレスポンスマーケティングをはじめとする
旧式のセールスコピーが、80%カットしたほうが
売上が上がったなどの事例などから、


現在では古すぎて使えないコピーと
明確な数値を持って、小さな表現の違いで、
大きく収益を上げるコピーという対比で
語られることも多い。

 

日本では、正直言って情報商材業者が販売してる
旧式コピーがありがたがられているけれども、
それ以外の部分が実は重要だったという話。

 

なぜならマイクロコピーは、
ボタンからフォーム、フォーム周りと、
売上に直結した部分のコピーだからだ。

 

たとえば、弊社のクライアントに、
整体や整骨院などの治療院向けのWEBサービスを
提供しているYMC株式会社さんでは、
このマイクロコピーによって2倍売上を上げた。

 

資料請求ボタンの文章を変えたのだ。

 

「資料を無料ダウンロード」

 

 変更 ↓

 

「無料で資料をダウンロード」

 

何が違うかって?
そう、無料の単語がが前に来ているんだ。

 

これだけで成約率が1.5倍になった。
文字の位置を変えるだけ、これだけだ。
マイクロだろぅ〜〜〜。

 

チミはフォーム入力中に辞めたことはある?
もしくは、めんどくさくなって
ネット通販での買い物を辞めたことはあるかい?

 

これはデザインの問題じゃなく、
マイクロコピーの問題なんだ。

 

ほんのちょっと文字を追加するだけで、
途中で辞める人がグンと減る。
ネット通販なら売上がドバッとあがるんだ。

 

逆に入力しやすい丁寧なフォームに出会った
ことはあるだろうか?

 

住所が自動で入力されたり、
入力する項目が分かりやすかったり、
便利だったりカンタンだったりして、
チミの行動を邪魔しない。

そもそも自然過ぎて、
気づいてないかもしれない。

 

大切なことは「気付かないほどスムーズに」だ。
例えば、メールアドレスなどの必須項目、
以下の3つのうちどれがより確実に
行動してもらえるだろうか?

 

1.米印「※」で表現してるフォーム

2.「必須」をいうラベルをつけているフォーム

3.色分け、フチ取り、入力部分を大きく

 

正解は「2」だ。
もちろん「3」も分かりやすく思うだろうが
必須なのか?間違えた項目なのか?

 

マイクロコピーが無いとわからない。

 

アイコンだけじゃ分からない
デザインだけじゃわからない
たった二文字を追加するだけで分かるようになる。
つまり、入力してくれるようになる。

 

結果、
たった二文字で飛躍的に売上が上がるのだ!

ワシはコピーライティングの最新形態として
このマイクロコピーをずっと研究してきた。

今まで通販業界や不動産業界、
治療院や出版、情報業界を始め
74業種1940社でテストしてきた。

 

マイクロコピーでは、日本で最も情報量がある
つまり、マイクロコピーのNo1企業だ!

 

こんあに効果があるのに、
怪しげで古いコピーライティング教材を売りつける
情報出版企業のせいで、
日本では議論に登っていなかったが、、、

オレコンの読者諸君には
爆発的に売上をUPして欲しい。

 

そこで、次回からマイクロコピーの実践方法を伝授しよう。

 

もうムダなコピーライティング教材は捨て、
このオレコンメルマガを読んだほうが早いゾ!

 

次回をお楽しみに!

 

 ーヤマタク

 

追伸

 

本当に結果にコミットしたコピーを
学びたいのなら、、、

 

この間発行開始したばかりの
郵送版ニュースレターを読んでみないか?

 

無料でチミの自宅まで届けるから
楽しみに待っていてくれ。

 

↓    ↓    ↓
無料で郵送ニュースレターを読む

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。