コピーを「マイクロ化」するだけで売上げ1.5倍

コピーを「マイクロ化」するだけで売上げ1.5倍

前回は、マイクロコピーで売上がるよ

1.5倍とか2倍になるよとお伝えした。

この内容をお伝えしたら、既に実践してる方から、

すごく貴重なテスト結果をいただいた。

 

「ちょうどウチも先日のテストで

 「登録する」を「登録」にしたら1.5倍になりました。」

 

”する”を省くだけで1.5倍だ。

マイクロだろぉ〜〜〜〜。

 

このマイクロコピーライティング

具体的にどうやれば成約率があがり、

売上が上がるのか?

 

それは、、、

 

「気づかない」ことだ。

 

チミも何らかのメルマガを購読したり、

単にボタンをクリックしたり、

リンクを辿って、ここに至るんだろう。

 

もしかするとググッて来たかもしれない

もしそうなら、googleのボタンを憶えているだろうか?

 

どんなボタンだったかな?

・・・

・・

 

そう、

今Googleには

 

ボタンが無い!

 

なぜなら

ボタンが無いこと=最も使われること

という事が計測して分ったからだ。

 

じゃぁ、検索窓には

なんて書いてあるだろうか?

 

「Googleで検索するかURLを入力してください」

 

といささか長い。

マイクロか?と疑う様な長さだが、それがいい。

 

なぜ私がマイクロコピーの専門家になったかというと、

ネット通販、つまりeコマースでの

経験が長かったせいだ。

 

ネット黎明期から成果にこだわり続けてきたのは

eコマース業界だけと言っても過言ではない。

 

月末に売上が足りないから、キャンペーンをやり

無料で集客したいからSEOをやり、

 

新しい方法があれば、それに飛びつき、

けれども費用対効果が合わなければすぐに辞め

見た目は売れてるサイトからパクリ、

逆に自社サイトが売れ始めるとすぐパクられ。

 

洗練され続けてきた業界だ。

 

TOPぺーじは頻繁に改良し、

更にカテゴリページ

検索結果ページ

商品ページ

カゴ内ページ

決済情報入力ページ

入力確認ページ

決済完了ページ。

 

お客さまは買い物するのに

複数のページを移動して購入する。

だから初めはTOPページから修正改善した。

 

そしてだんだん決済完了ページにいたるまで

徐々に改善していった。

 

改善していくに従って、

だんだん売上が上がってきた、

それも奥のページに行けば行くほど上がった。

 

TOPページでは修正に2週間以上かかり、

一旦サイトを止めなければならないほどだったのに

奥のページに行けば行くほど修正箇所は小さくなり、

修正時間も短くなり、、、

 

なのに、売上は大きく上がる。

 

しかもパクられ難い。

いままでさんざんパクってきてたライバルが

全く奥のページに行けば行くほどついてこない

というか、全く気づいていない。

 

楽天やYahoo!やAmazonではない

独自ドメインのネットショップなら、

けっこう独自開発の買い物カゴが多い時代。

 

それこそ、カゴの中の表記だけで
売上が大きく変わると私は考えた。

なぜなら・・・

 

私自身が買い物中に

「チッ」と舌打ちをするのが、

いつも買い物カゴの中だからだ

 

入力エラーにイライラしたことはないだろうか?

 

買い物中に会員登録が面倒で、
結局いつもの所で買ってないか?

 

よくわからない商品ページっていうだけで
買うのを辞めたことは?

 

70%以上の顧客は、

ちょっと信用出来ないってだけで買うのを止める。

 

実際に購入中に舌打ちする箇所が

いくつあるかによって、

成約率は大きく変わる。

 

これまでのテスト結果では、

舌打ち一つにつき成約率が10%づつ減少した

 

これを「舌打ちの法則」と呼んでいる。

 

皮肉なことに、TOPページや、

サイトブランディングなど一切関係なく、

最も小さい、たった数文字で

これらの問題は解決できる。

 

たった数文字でこの「舌打ちの法則」を

改善出来ることがわかった。

 

たとえば、もしチミが決済にPAYPALを使っているなら

こんなコピーを追加してみよう。

 

「決済にPayPalを使いますが、

あなたが購入するために

PayPalアカウントは必要ありません

 

当時PAYPALの第一画面を貼り付けて、

決済の流れを表示したが、

 

まったく見られず、

むしろ複雑で離脱していたかも・・・。

 

結局この2行の文章で成約率は20%改善した。

 

日本では特にPAYPALが

まだ浸透しているとは言いがたく、

 

しかもあのインターフェイスが

いかにもアメリカンなままで使い難い。

 

実際、ロゴがあるだけで敬遠する人さえいた。

同じようなマイクロコピーの事例を見れば

イメージ出来るだろうか?

 

もし使ったことがないとか、

なんだかイメージしずらいとかなら

このマイクロコピー事例をみてほしい

 

・いつでも変更できます

・テキストのみのメールです

・私たちもスパムメールが大嫌いです

・いつでも退会できます

・無料で試せます

・いつでも情報をエクスポートできます

・あとから追加できます

 

必ずどこかでみたことがあるだろう?

だけど自分自身のサイトは使っているだろうか?

見直したくなっただろう。

 

その気持ちがあるうちに、今すぐ見なおそう!

もしくはカレンダーに予定を入れ時間を確保しよう。

 

ここまで見てきたマイクロコピーに

共通することはなんだろうか?

なぜマイクロコピーが最も売上を上げたのか?

 

これら全てのマイクロコピーは

「舌打ち未満・イライラ未満の不安に答えている」

ということだ。

 

お客さまの頭にフッと浮かんだ

「?」に話かけ、その結果、

心理障壁を下げ、安心感を演出している。

 

マイクロコピーが

とても、とても短い言葉なのに、、、

とても、とても大きな力を持っている

最大の理由だ。

 

 ーヤマタク

 

追伸:

マイクロコピーの大きさをバカにしてはいけない。

サイトを生まれ変わらせることができる。

サイトを破壊することもできる。

 

もしチミが本当に効果のあるコピーを
学びたいのなら。郵送版のこのニュースレターを
読んで欲しい。

無料でチミの自宅まで届けます。

こちらをクリックしてください

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。