極めてシンプルに、目立つという戦略。

極めてシンプルに、目立つという戦略。

まいど、ヤマタクです。

いかがお過ごしだろうか。

 

昨日街を歩いていたら、
ミニーちゃんが巨大にプリントされた
ド派手Tシャツを着たカップルに遭遇した。


ペアルックで、、、

手をつなぎながら、、、

年齢は2人とも50過ぎくらい、、、(推定)

 

いや、いいんだけどね笑


むしろ、ファンキーなノリで
爺さん婆さんカップルになったら
素晴らしいと思う!!

 

「じゃあ、いつかヤマタクさんもセミナーで
着ちゃうんですね!ミニーちゃんTシャツ。」

 

何を言うか。
需要があるなら、ワシは着るぞ、、、(遠い目)

 

まぁそれは冗談として

 

これは前回書いたメルマガの
差別化とか、ポジショニングとかの話と
つながってくると思う。

 

目立つことってのは純粋に
マーケティング的にも大切なことだからだ。
だってつい、目がいってしまう。

 

短パン社長しかり、

ドナルドトランプしかり、

ワシのお洒落メガネしかり、
彼らはとにかく目立っている。

 

これを、チミのところの自社商品や、
サービスに置き換えて考えてみてほしい。

 

競合ライバルに比べて、目立ってるだろうか?

もしくは、なんら変わらないのか?

それとも、見劣りしているのか。

 

いずれにせよ、

 

「うちの商品、業界内ではどんな位置付けなのか!」

 

という意識は常に持っていてほしい。
これは、チミの義務だ。

 


つまり、チミの業界のトップや競合を

よく知ること。他社を知ることで、自分がわかるのだ。


これこそが差別化、ポジショニングの第一歩である。


実際、ほとんどの経営者は
業界のことを知った気になっているから、
きちんとリサーチしないし、ぼやっとしたままにしている。

 

これは本当にもったい無い!

 

もうちょっと、突き詰めるだけで
売り上げアップさせることができるのに。

 

ワシが思うに

差別化戦略とか、ポジショニング戦略とかは

ちょっと難しい言葉だから、わかりにくいけど

簡単に言えば、

 

「市場でのあなたのビジネスの立ち位置」

 

みたいなもんだ。

「市場でのあなたのビジネスの振る舞い」

 

でもある。これら、チミの立ち居振る舞いが、
顧客の目にどう映るか、よく考えてほしい。


他のライバルから目立った存在になるには、
ここに全てがかかっているのだ。

 

そして、チミの一挙手一投足が顧客の目に留まって、

なんか他と違う!?と思わせたらチミの勝ちだ。

つまり、【売れる】ってこと。

 

だから、

 

ポジショニング戦略ってのは
絶対に外せないんじゃないかな?うん。

 

チミのビジネスはどうだろう。

 

ちゃんと市場での立ち位置を考えてやってる?

 

(まさか、不利なポジションで
大手なんかとモロに戦ってないよね?)

 

ーヤマタク

 

PS:

 

どっちにしても、競合がいない

オリジナルなポジショニング、

これこそが価値を持つ。

 

これを、チミが手に入れたら、、、

 

今後大手ライバルが進出してきても

価格競争に巻き込まれないということだ。

 

ポジショニングを変えるだけで
どんなメリットがあるのか?

 

10月29日に行う
このセミナーで全貌を明らかにします
【↓お知らせはこちらをどうぞ】
http://www.orecon.co.jp//lp/20161029/

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。