講師のための『稼げる7つ道具』

講師のための『稼げる7つ道具』

どうもヤマタクです。

前回のメールでは、

アマゾンに蓄積された
ベストセラー書籍「人は見た目が9割」の
レビューについて話をしたと思う。

100万部以上は余裕で売れていたが
蓋を開けてみると散々なレビューだった。

本はページを開くまで、わからない。
ぼったくりバーは、会計する時まで分からない。
盛り土されているかは、都知事が変わるまでわからない。
(関係ないかw)

でもまーもちろん、
ダメな商品は売ってはいけない、
というのは前提の話として、、、

見た目、外見をそれなりに良くしておけば
売れる環境がラクに手に入る事実を、
ネガティブに捉えないで欲しい。

もっと、ポジティブに解釈して使って欲しいのだ。

私たちは誇りを持って、
役に立つ商品・サービスをお客さんへ提供している
ワケなんだから、、、

むしろ、顧客との接点において
特に外見に、配慮をしておくことはのは義務なのである。

だから、最近ヤマタク通信を購読し始めたの読者も
旧来の古臭いサイト作成法や、長ったらしいコピーじゃなくて

マイクロコピー、
グロースハッキングや、UI、UXなど
セールスデザインに関わる部分をもっと学んで欲しい。

そして!
本題はここからなんだけど、

「商品=自分」という人こそ
今の話はとっても重要なんだよね。

例えば、コンサル・スピリチュアル・セミナー講師、
アフィリ講師など、講演や講師業。

他にも、Youtubeチャンネル立ち上げて
バックエンド販売を狙って喋ってるソコのあなたも
もれなく該当する。

動画の中で、どんなウハウハの金儲けテクニックを語ろうが
髪はボサボサで、服もだらしない。
生活感丸出しの部屋が後ろに写り込んでる。

それじゃー話を信用する方が、難しい。

先生業っていうのは、何を教えるかも大事だけど、

聞き手が一番最初に思う、最大の関心事は
「あなたが、話を聞くに値する人物かどうか?」だ。

だから、
相手に安心感をもたらすような、立ち居振る舞いをすること。
相手が一番信頼する人物像になること。

これって、セミナーに来るお客さんのことを
深いレベルで考えてなければ、できないことなんだよね。

同じことを教えていても
’’稼げるセミナー講師’’と’’稼げないセミナー講師’’が
世の中に存在するのは、そういうことだと思う。

例えば、私は前者のコンサルタントになるために
これまで8年以上、いやもっとか?

成約率の高いセミナーの開催方法を研究してきた。

例えば、
最もカンタンにセミナーの価値を引き上げる
方法があるんだけど、それがこの7つ道具。
↓     ↓     ↓

1、名札

なぜ名札が売上UPにつながるのか?
それは名前を呼べるから。
名前を呼べない人に商品を買ってもらう事などできない。

人の名前を憶えられないならピッタリのアイテム!

2.名札の紙(カット済)

別に、アイテム数を増やしたいから、
名刺の紙を付けたわけではない。

名札セットに自分の名刺を入れさせる
アホなセミナー主催者がいるが、
そんなもん、見えるかー!

伊達メガネとちゃう!正真正銘のド近眼やぞ。
という参加者のために、大きい文字で名前を書いてもらい、
それを名札に入れましょー。

3、菓子(定番のもの)

お菓子、
噛むことによって脳の働きを良くし、眠りを防止。
糖質を吸収させ、集中力を高める。
さらに、リラックスできる。

そして!
何かをもらった返報性の原理も働くのでGOOD。

4、菓子入れ

おかしは取り出しやすいボウルにのせておく。
パーティー開けだと貧乏臭い。
ボウルだと、取りやすい。
おしゃれなバーでおつまみがパーティー開けで出てきたら嫌。
そんなあなたのためのアイテムだ。
ボールタイプ(会場後方に1個置き)

5、キッチンタイマー

別にトマトじゃなくてもいい。
別に野菜じゃなくても、タイマーならいいのだ。
でも赤いトマトはリコピンが豊富らしいゾ!
100円ショップでも売っています。
いざという時はスマホで代用。

6、発表アイテム

ワークショップの際に使うのが発表アイテム。
例えば、こういうやつ

https://goo.gl/96wn2l

発表って気づかれしますよね。
だからリラックスして、
そしていいアイディアをもらうのに最もいいのが「知育玩具」
会議や、発表の前に手のひらを刺激して
アイディアが活発に出るようになります。
一度お試しあれ。

7、プレゼント
プレゼントと言ってもみんなに上げるわけじゃない。
カンタンなゲームを楽しむように、セミナーを楽しんでもらうために
講師の望んだ行動をした人には「プレゼント」をあげよう。

そうすると、その場の雰囲気が
「講師をみんなで助けよう」という空気になってきて
セミナーがラクになるぞ。

どうだっただろう?
もしかしたら、
ほんの些細なことに思えたかもしれない。

セミナーには、「舞台」の要素がある。

これらの小道具が、演出を際立たせて
あなたのセミナー(=舞台)を盛り上げてくれる。

だから、騙されたと思って
1つでもいいからやってみてほしい。

素晴らしく受講生との関係構築に役立つ。

明日は、
セミナーを「舞台」として考えると
売上がラクに上がるって話をする予定です。

お楽しみに。

ーヤマタク

 

 

 

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。