顧客の心を掌握してバックエンド商品を売る方法

顧客の心を掌握してバックエンド商品を売る方法

どうもヤマタクです。

前回は「セールスプレゼンテーション」の
スキルについてお話しした。

私の場合、このプレゼンスキルで、

直近の1年だけでも
1社、年間180万円のグループコンサルを20社成約。
1名60万円以上の合宿形式の研修を30名成約。
といった驚くべき売上を上げることができた。

8年以上研究して体系化した、
誰にでも習得が可能な、対面の販売スキルである。

この秘密のスキルを初めて公開したのは、

2年前の京都、、、

ワークショップ形式で、
コンサル・カウンセラー、セミナー講師とか、
講演や講師業を仕事としている人向けに開催した。

その時のセミナー名は
「たった8リストで240万円売上げる方法」。

私がセミナーを始めるようになってから、
実際に成功した体験や、
多くの失敗談も交えて裏側までお話し、

・どうすれば8リストで240万円という結果が残せるのか?
・それは誰にでも本当にできるようになるのか?
・どんな業態でも使えるようになるのか?

などご質問にお応えしつつ、
ゼロからどういうふうに作ればいいのかを、
体系的にまとめた内容であった。

以前にも話したように、無視できないのが

人間がコミュニケーションから

影響を受けるもののうち

・55%が「視覚情報」
・38%が「聴覚情報」
・7%が「言語情報」

という研究結果だ。
だから、自分の視点じゃなくて

・お客さんは何を好むのか?
・何を一番信頼しているのか?
・そして逆に何を信頼していないのか?

こうやって見込み客に視点を移すことが大事だし、
それこそが「行動をデザインする」ということ。

だから、前回のセミナーでは

・どのように新しい企画を立てるべきか?

・自分のビジネスに合わせたバックエンド、リピート商品の作り方は?

・あなた自身の服装、話し方、振る舞い方は?

・セミナーかで、初対面の受講者と信頼を築くには?

・クロージングへの誘導法は?

と言った私の知る限りのプロセスを
前回の受講者には、全て公開したのだ。

もちろん、コンサルとか講師業の人だけじゃなく
ブリーダーとか、店舗販売の方も受講していた。

と、いうのも
このスキルを使えるのは別に「先生」に限るわけではない。

自社でセミナーを開いて、
バックエンド商品を販売したいとか、
長期的な取引契約をしたいとか、

業界業種を問わず、使うことができるのだ。

例えば参加者の中で
飲食店をいくつも経営されているIさんは

「コレは社員教育にも使える。
ものすごくブラッシュアップに役立った」と。

士業をされていて、
今後フランチャイズを薦めているYさんは

「バックエンドの作り方、売り方がわからなかったが
細かくヤルべきことが見つかったので、一つづつ
やっていきます。」

と具体的な行動に落とし込まれていた。

どうだろう?

・あなたらしさを損なわず (無理に偉ぶる必要はない)
・売り込み感や不自然さもなく
・顧客も自分もストレスを一切感じずに

バックエンド商品を販売するには、どうすれば良いのか?

ビジネスの仕組みづくりと同じように
2時間のセミナーでも、きちんと設計が必要なのだ。

あなたはちゃんと
セミナーをやる前に、きちんと計画を
練っていただろうか?

そして、セミナーから
きちんと売上が上がっているかな??

ーヤマタク

追伸:

もしそうじゃないなら11月26日に
こんなセミナーやるんだけど、来る?

詳細はこちら

 

 

 

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。