成約までの「お膳立て」

成約までの「お膳立て」

どうも、オレコン、ヤマタクです!

前回の舞台の話、
セールスプレゼンテーションの話
どーだったかな?

コンサル・スピリチュアル・セミナー講師
アフィリ講師とかとか、
士業、カウンセラー、とかとか

講演や講師業に限らず有料映像コンテンツを
これから作りたいプロの人には
きっと刺さる内容だったと思う。

そして、異業種であっても、

セミナー開催をして商品販売につなげたいと
考えているのなら、「これ勉強したい!」と
思ってくれると思う。

そもそもバックエンド商品の作り方が
わからないって人も読者にはいるだろうし
セミナーの企画の仕方もね。

あ、何度も言うけど、セールストークだけにフォーカスしては
バックエンドは売れません。

もちろん、ベシャリの立つ人は別だけど
全員がそんなわけでもないだろうし、

何より、
目の前のお客さんにセールスすることに
抵抗がある人の方が多いよね。

だからこそ、もっと全体像をデザインしていく。

そして、セミナーの始まりから終わりまでをきちんと設計して
最後に成約できるように、「お膳立て」をするのだ。

お膳立てができてたら
あとはちょんと蹴って、ゴールを決めるだけ。

決してQBKみたいにはならないから安心していい↓
↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=Axn7jhYYMy8

なんてこった!

常に、ゴールを決める準備を怠ってはいけないのだよ。

まぁ、いい。

とにかく、
販売する際には言葉も重要だけど、
言葉以外の情報で70%が伝わってしまう。

だから
全てに共通する
「ノンバーバルコミュニケーション」について
もっと興味を持ってほしいね。

もっと言えば、世の中のほとんどのセミナーで
「一度に伝えられる情報量は決まっている」
ということが軽視されている。

べらべらと高速でしゃべるけど
受講者はほとんどついて行ってない。

だって、受講者の人たちは
知識も経験もバラバラなのだ。

だから、

セミナーを開催する時、
受講者の誰のレベルに合わせて話したら良いのか?
話すスピードは?
スライドの文字量は?
表現の仕方は?
などなど
この辺も、しっかり考えとかないと
セミナーの終盤に向けて脱落者が出てくる。

 
見込み客(=生徒)から

「ためになりました!」

と言われ
笑顔で商品を買ってもらえるようにするには
そんなところまで考えておく必要がある。

神は細部に宿るとはよく言ったもの。
セミナーでも、それくらいの準備が必要だと思うよ。
ただスライドを作るだけで終わらせてない?
話したいこと、べらべら喋って終わってない?

 

一流のスタンバイができてこそ
誰でも、結果が出せるのだ。

ーヤマタク

追伸:

もしあなたが
セールスプレゼンの技術を使って
売上を伸ばしたいなら、
こんなセミナーやるんだけど、来る?

詳細はこちら

 

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。