店員に覚えられることってあるやろ?

店員に覚えられることってあるやろ?

山本タクマです。

店員に覚えられることってあるやろ?
あるはずや、あるで!

僕も憶えられたんですよ、
スターバックスの店員に。

あ、きたな、ついにVIPか!

そう思ったね。

カウンターについた時に、
「おはようございます!」
全員笑顔なんですよ。

「今日もいらしたんですね」

もうねオレに気があるね。
全員がオレのことを好きだと思うね。
VIPだからね、

「いつものソイラテですか?」

ですよ、
もう、俺のために覚えたんよ、
この子。

偉いね、
俺に仕える気だな。
ういやつじゃ。

そらーーーーもう
仕事が捗る。
はかどるのよ

VIPだからね、

V:ヴぃっくりするほど
I:インテリジェンスな
P:パーマネント

だからね、
インテリっぽく、
マックブックエアーを
これみよがしに開くわけですよ。

リンゴマークが光って、
おもむろにキーボードで
パスワードを打ち込む。

この一連の動きが0.5秒
最後のリターンキーは、

ターーーンッ!

ですよ、鮮やかに、
かつ軽やかに。

日本全国のスターバックスでも、
今月のベストVIPとして、
監視カメラ映像をスタッフが
羨望の眼差して見てるんだろなーと

この華麗な仕事ぶりを。
参考にしろよと、
このメールを書いてるわけですよ。

もしこれを読んでるなら、

あなたも一度試してみてみてみてみ~。

場所を変えるだけで、
作業効率が2倍に上がります。

おかわり行ってきます。

カウンターからこちらを見た
スタッフ2人が、
「ソイラテおじさんが来た」
とヒソヒソ話が聞こえました。

VIPでなく妖怪扱いなんですね・・・。

PS:
言いたいことは、コレぐらい
「わたしのお店は顧客に特別感を与えているか?」
と自分に聞いてみること

自分のお店、特別扱いしてる?

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。