「仕事が忙し過ぎて、お金を稼ぐ時間がない」

「仕事が忙し過ぎて、お金を稼ぐ時間がない」

ヤマタクです。


「仕事が忙し過ぎて、お金を稼ぐ時間がない」


えっ?
何を言ってるのか分からない?
じゃぁ言い方を変えてみよう。


「新商品!?そんなの忙しすぎて手が回らないよ」


「スマホ対応!?そんなの忙しすぎて手が回らないよ」


「経営!?そんなの利益が無さすぎて首が回らないよ」


いかがですか?
最初の2つは言ってしまいそうになりませんか?


でも・・・ほとんどの”奴隷社長”がこの状況にいます。


一般的な解決方法には、


「余った時間でやりくりしましょう」とか
「一日15%の時間で行いましょう」
「外注化しましょう」など


いろいろ言われていますが、
実際は、


やろうと思う、、、忙しくて忘れる。
外注は、、、お金がかかる。


オレコン流の解決法は簡単で、
”やらない仕事を決める”
何でもヤルから忙しいのだ。


例えば、


・コンビニの店長がやっているレジ打ち
・帳簿を自分でつける
・自分で電話にでる
・顧客の問合せに対応する


こんなことは決して!やってはいけません。


あなたがやるべき仕事は、


・あなたにしか出来ない事
・あなたより賃金の安い人には出来ない仕事
・もっとも利益の出る仕事


これだけにしてください。


つまり、
「”ヤルべきでない”仕事を手放して
お金を稼ぐ時間を創ってください」


これがオレコン社長の『超生産性』への第一歩です。



ー山本琢磨

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。