視線を誘導する技術

視線を誘導する技術

日曜日に、撮影を兼ねて少人数で

「顧客の心理を操作する
悪魔のWEB制作セミナーver1.2」
セミナーを行いました。

急な募集にも関わらず、
来ていただけて嬉しかったです。

今回はそのセミナーの中でお話した
「視線を誘導する技術」
をちょっと紹介します。

まず、ゴール地点を明確にしましょう。
今回に限らずWEBビジネスは全て
「商品が売れた」
がゴールですよね、

そこで、はじめに
ゴール地点から「お客様の行動」を
逆算してみましょう。

ゴール
「お客さまが商品を買った」

お客様が商品の購入手続きをする

お客様が商品を買い物かごに入れる

お客様が商品の色サイズを選ぶ

だいたいページの中身を見たら、
後は買い物カゴの中だから、おんなじですよね、

そのもうちょっと前を見てみると

お客様が商品の色サイズを選ぶ

お客様が商品ページ内容をよく読む

お客様が商品ページのファーストビューを見る

お客様がページを開く

ページを開く所までやっとたどり着きました。

買うまでに検索や比較をしたり、
心理的な動きも加えると、めっちゃ長くなるので割愛。

さて、ここで
一番ページにお客様を残す =「買ってくれる」母数を増やすには、
ページを開いてからその次に行う

「お客様が商品ページのファーストビューを見る」

このアクションに対して
ページを直すのがいいわけだな、

けれど、どうやって直せば
次のステップの「内容を読ませる」に
進める事ができるのか?

「内容を読ませる」ために
コピーライティングなんかだと、

「ヘッドラインやタイトルを読ませればイイ。」

ってな答えになるんだけど、
最近は読まないんだって、ほんとに。
だから、ヘッドラインを読ませるために

「視線をヘッドラインに誘導しなきゃいけない」

もしくは、

「商品画像と注文ボタンに、
視線を誘導しなければならない」

そこへ視線を誘導するモノとして
・コントラストの強いモノ
・人の画像
・赤い枠線をつける

など色々ありますが、
何かを付け加えるのよりも
逆をつく方法のほうが早いんです。

つまり、
「目立つものを外す。」

例えば、

□あなたのサイトにグローバルナビがあるなら、
目立たない意図やコントラストになってますか?

□注文ボタンより、他のボタンが大きく目立ってないですか?

□商品画像よりバーゲンセールのバナーのほうが目立ってないですか?

そうやっていくと、
自然とヘッドラインや商品画像に目が行くようになります。

視線を誘導するために、まずは目立ってるモノを
減らしてみてください。

例えば、このブログも
本文とタイトルだけじゃなくて
画像があると読みたくなるでしょ?

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。