MBAは役に立たない?

いきなり引用するよ
=====================

「MBAでは、八ッ橋は売れません」320年つづく老舗和菓子店が教えてくれた”京都の商い”

創業元禄2年(1689年)、京都で320年以上続く老舗・聖護院八ッ橋総本店の鈴鹿可奈子(すずかかなこ)さんは現在、専務取締役として、伝統の味や職人を大切にしながら、新商品nikinikiをヒットに導くなど老舗に新風を吹き込んでいる。

中学生のときに家業を継ぐと決めた鈴鹿さん。京都大学では経済学を専攻、在学中には留学したアメリカでMBA(経営学修士)の基礎を学んだが、入社直後は、大学やアメリカで学んだ合理的な経営が京都の文化に合わず、戸惑ったという。

(中略)

同志社中学校・高等学校で学んだ後、級友の大半が同志社大学に進むなか、鈴鹿さんは京都大学経済学部に進学。在学中には、カリフォルニア大学サンディエゴ校に1年間留学し、経営、人事、マーケティング、財務管理といったMBA(経営学修士)の基礎(Pre-MBA)を学んだ。大学卒業後は、株式会社帝国データバンク勤務を経て、聖護院八ッ橋総本店に入社した。

聖護院八ッ橋総本店にも、大学で学んだ合理的なMBAの視点を取り入れようとした鈴鹿さん。当時を「実情に合わず、社長である父とよく衝突した」と振り返る。

「人事評価は、今でも参考にしています。でも経営方針は、まったく違う。MBAは合理主義で、徹底的に無駄を省くシミュレーションをします。アメリカで学んだやり方は京都の実情には合いませんでした」

京都では、会合や懇親旅行がしばしば催され、鈴鹿さんも積極的に参加して多くの時間を割く。しかしMBAを学んだ経営者のなかには「おつきあいは無駄」と見なす人も少なくない。時間もお金も手間もかかるが、利益を生み出さないからだ。

鈴鹿さんは、父に言われて地元の会合に参加するうちに、「おつきあい」のメリットに気づく。取引先で新規の提案をするとき、地元の話題から会話を始められる。会合などで何度も顔を合わせている相手の会社の状況や、決裁権のある人を把握できる。人と人との関係を大切にすることで、結果的に商談が進むスピードが非常に速くなったという。
========================
引用元:The Huffington Post 2014年10月04日 より
 

まとめるとこんな感じ
・MBAは役に立たない、
・それは京都の昔からのおつきあいの方が
・新しいアイディアを得られ信頼を生み出し仕事のスピードを早めるから。
・その結果、「新商品nikiniki」がヒットした。
・他にもこんな商品
・こういった思いが今も受け継がれている

 

この記事、途中から

「新商品nikiniki」のセールスにだんだんつながっていってる。

すごいよね

コンテンツマーケティングの手本みたいな記事です。
分解して見てみよう
1.興味を引くタイトルのために
「一般常識と違う事を書く」
・一般的には:MBAは企業の成功にかかせない
・コンテンツ:MBAでは売れない
2.目を引くために
「若くて魅力的な女性の写真」
3.情報に信頼性を持たせるために
「老舗」「MBAなど権威」「大手企業の職歴」
このあたりで上手くバイラルしてるよな〜

MBA肯定派と否定派に分かれたりしてるコメント見ると、上手く乗ったなと思わない?

そして、このコンテンツの一番ウマイと思ったのは、

読んでる人の自尊心を満たしてるところ

・温かい心を持った日本特有のおもてなし
・MBAを持っていないなくても心を持っていればいい

長年やっている社長には
「あなたの経営は正しい」と伝えているし

これから新しいことをしようとしている二代目には
「女の子でも、MBAを持っていなくてもヒット商品は作れる」と伝えている
あなたのコンテンツには

1.写真で目を引いて、タイトルを読ませ

2.興味を引き、本文を読ませ

3.外部の信頼を借りて、信用させ

4.コンテンツの中で、商品を自然に勧め

5.消化した人の自尊心を満たす

5つのことが同時にできているだろうか?

そのためにはMBA取得者を若干敵に回している。
納得行かない人がバイラルしてくれてる。

これって、すごい事だと思わない?

ーヤマタク

 
追伸:

もし、こういったコンテンツの作り方を
身に付けて、たった1記事で「1万いいね」を獲得し

その数倍のアクセスがほしいなら
東京で行われる
「コンテンツマーケティングセミナー」がきっと役に立つと思う

ただ、
残り7席になってしまったので。
申込はお早めに

http://150.60.81.235/lp/20141018/

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。