マックとスタバとSM。

昨日マクドナルドでコーヒーを飲んでみた。
おじさんかおばさんか分からないおばさんっているよね
ホントにわからなくて、二度見した。

すべての商品販売にとって、
一番必要な事はなんだろう?

セッション数もCVRもLTVにも必要な事。

ちょっと専門用語が出てきたので、
分かりやすく言うとこんな感じ

・セッション数 = 見込顧客数
・CVR = 転換率
・LTV = 生涯客単価

これらに共通して必要な事はなんだろう?

おばさんの事は置いといて、ちょっと考えてみて欲しい

・先日のSMバーも
・宮本武蔵も
・浄土真宗も
・マクドナルドも
・スターバックスも
・売れてる不動産業者も
・モテるモテないも

共通して一つのことが言える。

それは明らかに他社と違うと言う事。
宮本武蔵は会社じゃないけどね。

あなたは、こう思ったかもしれない

「マクドナルドはどこにでもあるじゃないか?」
「その辺にあるファーストフードじゃないか?」

「一体何が違うんだ?」

共通する違いは、すでに君の心の中にある

なぜなら、上記に上げたものを
あなたは知っているし覚えている。

つまりこれは、その商品やお店やブランドを
「●●っぽいとは言えない」
ことにある。

マクドナルドを
「モスバーガーっぽいとは言えない」だろう?

スタバを
「タリーズっぽいとも言えない」

その商品が売れていくには
明確な違いが有る
「立ち位置が違う。」

同じように浄土真宗は他の仏教とは
明らかな違いがあったから最大勢力になった。

「宮本武蔵は佐々木小次郎っぽくない」
剣豪っぽい=宮本武蔵っていうぐらいだ。

ゴルゴ風宮本武蔵

ゴルゴっぽい宮本武蔵

剣豪の話が出た時に「ああ宮本武蔵とか?」ってなるでしょ。
コレですよ、

この違いが
・分かるようになる
・見つけられるようになる
そうすればあなたは大きくビジネスを伸ばすことができる

あなたの商品やサービスの立ち位置は
「●●っぽい」と思えてしまわないだろうか?

マクドで、おじさんっぽいおばさんを見ながら。

ーヤマタク

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。