エロ表現は一切入っておりません

エロ表現は一切入っておりません

※今回のメールにはエロに関する
直接表現は一切入っておりません

安心してお読み下さい。
大切なお知らせです。

※今回のメールにはエロに関する
直接表現は一切入っておりません

 

 

 

「肉まん」って響きが
エロい気がします。

 

「ピザまん」に至っては
チーズ臭いだろうことが予想され

 

「カレーまん」は変態関係

 

暖かくなってきたかと思えば、
ちょっと気を抜くと夜が刺すように寒い

 

魔界都市〈新宿〉か!

 

菊地秀行にツッコミをいれたが
多分届かないだろう。

 

さて、
寒いとついついコンビニに
入りたくなってしまう。
用もないのに。

 

コンビニといえば
駅の売店といえば
旅のお供に

 

「柿ピー」というお菓子。

 

豆とか反り返った茶色いものが
どっさり入っていて。

 

きっとエッチなものだろうと興奮した。

 

 

 

「ピー」だけに。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

※オレコンのメルマガでは
スベるとこういった線が出ることになっている。

 

この、エロしょーもない話から、
いったいどんなマーケティング理論をクリ出すのか

 

これらの商品に共通するのは買い物カゴだ。

 

「柿ピー」
「肉まん」
「ピザまん」
「カレーまん」
どれもレジの近くにある。

 

ネットでは、買い物カゴのまわりに
何も置かない方がCVRが上がるという結果が出ている。
実際Facebookの「いいね」ボタンなど置かないほうが上がる。

 

なのに、なぜレジの近くにてんこ盛りで
商品を置くのか?

 

 

それは顧客の時間が停滞するからだ。

 

 

買うという作業をしているのに、
時間が停滞する。

 

決断し、お金を払う準備をしている

 

そこに視覚情報として
ちょっと買い足せるような商品を置く。

 

「柿ピー」
「肉まん」
「ピザまん」
「カレーまん」

 

などだ。

 

つまり、時間の停滞は売上をあげるチャンスだ。
WEBでの時間の停滞はどこで起きるだろうか?

 

ピザハットでは、WEBで注文すると
30分間の動画を流し、くじ引きやルーレットで
次回購入で使えるクーポンを配布していた。

 

ピザが届くのを待っている時間を
リピート率UPに使った

 

注文直後の画面にチミは何を入れているだろうか?

 

「注文番号」と「ありがとうございました」
ぐらいじゃないだろうか?

 

そこに商品を置いたのがAmazon。
そこで更に次の商品を売るのが化粧品業界。
動画セミナーにメールを登録しても
動画がぜんぜん届かないのがオレコン

 

自戒を込めて言おう、
「アホか」と

 

顧客のメールアドレスを獲得した後に
何を書いているだろうか?

 

きっと「メールが届きます」しかない内容だろう
一度試しにスグ販売してみよう。

 

メール登録直後に
CVRが10%を超えたことがある。

 

これも時間のスキマを利用した方法だ。
もし、チミのビジネスに
時間のスキマを見つけるとしたら

 

それはどこにあるだろうか?

 

きっとそこには、
今と同じかそれ以上の利益が
ギミア・ぶれいくの徳川埋蔵金のように埋まっている。

 

 

ーヤマタク

 

 

PS:
今回は直接表現を避けながら
「それでもそっち方面だぞ!」
という気合いを込めて書いている。

 

時間のスキマは誰にでも使える方法だ。

 

上記以外にも、売上を倍増させる方法を
具体的な数値とデータでお伝えしよう。

 

それが、これだ

http://150.60.81.235/np/tracking.php/rJj2Np.dhxama.html

 

もう、このメルマガを読んでしまったチミは
コンビニのレジで

 

「肉まん」
「ピザまん」
「カレーまん」

 

を見るたびニヤニヤしてしまうことだろう。

 

ましてや
「柿ピー」を卑猥な食べ物だと考えてしまうだろう。

 

おめでとう。
それでこそ立派なオレコン(エロマガ)読者だ。

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。