コンマ1ミリ

コンマ1ミリ

コンマ1ミリ

蝶の羽ばたきが、ハリケーンを起こす
風が吹けば桶屋が儲かる。

ほんの些細なことで、世界は大きく変わる。

多分チミは独り言なんて
なんの力もないと思っているだろう。

自分一人の能力なんて、
たいしたことないと思っているだろう

自分がウン億円の売上を出すことなんて、
夢のまた夢だって思っているだろう。

それは、チミの周りが
チミをそうやって洗脳しているからだ。

「お前は出来ない、
お前はオレより劣っている」

周りは常にそう言っているし
そうして、自分を保つ人間も多い。

そうやってチミを傷つけようとする。
学校の教師は、教師としての人生しか歩んでいない
押し込もうとする人、奪おうとする人

そんなもんに負けるな。

チミの独り言は、
チミの耳に届き、
チミ自身をさらに教育する

そうして考えが出来上がり、
その考えが行動になる。

まるで、蝶の羽ばたきのように、
きみの人生を大きく動かす。

まわりが言ってること = 情報

確かに情報は大切だ。

しかし、
どの情報を受け取り、
どの情報を捨てるのか?

それは自分で選べる。

クロード・ホプキンスも
こう言ってる

==============

「私は金や事業よりも大切な、
いくつかの重大な緊急事態を経験した。

私は常に一人でそういう事態に
立ち向かわなければならなかった。

私は自分で決断を下さなければならず、
それには猛反対がつきものだった。

それまでの私の試みは、
ことごとく友人に嘲られ、
反対された。

幸福であれ、
金であれ、
満足感であれ、
その最大の勝利というべきものは、
ほとんど全世界の冷笑を浴びながら手にしたものであった。

しかし私は次のように考えて納得している。

平均的な人は成功者ではない。

自分の目標を達成した人、
本当に幸福な人、
あるいは満ち足りている人に、
めったに出会えるものではない。

それでも私達は、
自分の一生に関わる問題を、
大多数の考えに委ねるべきだろうか?」

===================

ビジネスで大切なことは
「情報」だ

そして今や
「情報」不足というより、
「情報」の誤った解釈によって
ビジネスの判断を誤る

情報を見よ、
その情報が誰によって流されているか?
なぜ今流されているか?

行動を見よ、
その情報のうち行動だけを抜き出すとなにが見えるか?
「言葉」や「思い」を聞くのではなく行動を見よ

事象をみよ
その情報で、だれが利益を得るか?
その前後に何が起きたのか?

そうすれば真実が見えてくる。
コントロールを取り戻せる。

今どんな情報に囲まれている?
誰の情報の中にいる?
何を真実だと思わされている?
自分がつい口にしている言葉は?

気をつけて見てみよう。

そうすれば、
ごく些細なことで売上は伸びる。

なぜなら
顧客が真実だと思っていること。
顧客を囲い込んでいる情報。
顧客がつい口にする言葉。

これが、手に入るからだ。
それを使って、販売ページを作ろう。

そうすれば、

・顧客は真実だと信じこみ
・顧客の周りは自社商品の情報であふれ
・自社ことしか考えられない
・そのうち商品名をつい口にしてくれるだろう。

「オレコン」って誰か言うのかなぁ・・・?

PS:
一文字違うだけで、
このメールは発禁になる

SFXとか、サックスとか、SEOとか
書いてあると焦る

おこめ券やおこと教室
もドキドキする

コンマ1ミリだって危険だぜ。

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。