広州一日目、後編

広州一日目、後編

早速一日目のミッション
「事業計画を立てる!」

ということで、
仕事する気マンマンで広州に降り立った
着陸後、

「生きている事に感謝。」

と普段しない感謝をラップにした。
的な感覚を憶えた。ジブラ

話し合ったことは
機内食も恐る恐る食べた、とか

空港から出て、
スグに出迎えてくれた
K氏がホテルまで案内

車で走ること30分。

その道中、K氏と話していると、
日本のおみやげ屋が、意外に治外法権。

中国に来るたび、
かなりの商品を買っていくのだが、

ひげの兄弟がの兄が何時もつけている
Mと書かれた赤いぼうし

とか、メルマガに書くののはばかられる
ディ●ニーのアナ●雪とか、

織りネームにも何のキャラクターか
一切書いていないのでOKだと
本人は言っているそうで

他にも
コケシのキーホルダーが売れるそうで、
毎回中国に来るたび大量に仕入れていく。

それを日本で大量に買っていくのは
中国人だそうだ。

恐るべし経済循環。

そんな話をしているうちに
ホテルに到着。

ホテルが超でかい、、、様に見える
建物のほんの一部だけがホテルなんだそうで
早速ホテルにチェックイン。

思ったより綺麗。

だけど、、、、

セーフティボックスがねぇ!
どこ探してもねぇ!

何かの間違いかと思ったら、
「このホテルにはセーフティボックスはない」
とのこと

お前の財産守る気は一切ない!

そういう気概が感じられるホテル。
男前すぎる。スガスガシサさえ感じる。

さらに
Wifiは付いてるけれど、

・Gmailも
・Facebookも
・LINEも

全部ダメなんです
中国のファイヤーウォールすげぇ。
ほんとだめ。

そこでオレコンとしては
そんなものに振り回されるわけにも行かないと

VPNのコネクトラインで
ヌケ道をつくったのだ。

アクセスOK!
GmailもOK!
FacebookもOK!
●●サイトもOK!

よし。コレで夜のセーフラインもOK!
てな感じで、作業してたら

広州駅で迷子のチームが発生
あやうく到着出来ずかとおもいきや
ぎりぎり16:00に合流。

急ぎチェックインしてもらい
目指すは広州で一番広い公園へ。

待てども、待てども
タクシーが捕まらない

捕まらなさ過ぎて、
ついにシビレを切らし
地下鉄と歩きで現地に向かうはめに。

熱い。とにかく熱い。
ムシムシする。

頭痛がするほどの熱さ。
日本からついたばかりで全員厚着

Mさんはなんとシャツにジャケット
一人はカーディガン。
路上の浮浪者ですら熱すぎて上半身裸。

死ぬ気かと言いたい。

「修行です」

この一言で片付けるM氏。
根っからのM。

全員汗まみれのチームM

移動中も仕事の話でもりあがる
そうして地下鉄でやっと到着した公園駅

公園を縦断し、池に浮かぶ建物が
なんとも言えない景色で
風情がありましたね〜

ってなうちに
公園内にある有名広東料理店へ

のっけからシマウマの置物、

生け簀なのか、
タダの池なのか

変な生き物の鳴き声がする池

「大丈夫だろうか?
 この生き物が出てくるんだろうか?」

一抹の不安を抱えながら
店内に入っていくと、、、

全てが石造り。
まるで死亡遊戯。

最後のボスがいる階まで登らされ
部屋にはいると超巨大円卓

さぁーーーやってまいりました
一日目の宴会!がスタート。

コースは決まっておらず、
それぞれがスキなものを注文する形。

まずは北京ダックが飛び込んで
メニューをめくると

・サンショウウオ
・赤と青の斑点のぬめっとした魚
・オデコがせり出た魚
・すっぽん
・ワニ
・サメ
・ヘビ

危険生物図鑑という形でのメニュー。

「人生に笑いを」
をもっとーにしているため
天然記念物を食べたい思いに駆られたが

全員からの反対にあい断念。

老酒ならぬ白酒(パイチュー)
50%以上のアルコール度数。

正直行って、危険な気がした。

そしたらスグに

乾杯!(ガンペイ!)

その掛け声とともに
グラスを机にくっつける形で2回鳴らし

白酒を一気に飲み干す

飲んだスグ後に、ウェイターが
白酒を注ぎに回る

乾杯!(ガンペイ!)

その掛け声とともに
グラスを机にくっつける形で2回鳴らし

白酒を一気に飲み干す

飲んだスグ後に、ウェイターが
白酒を注ぎに回る

乾杯!(ガンペイ!)

この繰り返し。
もう意識が朦朧としてきて

まるで
ウルフオブウォールストリートの
レオナルドディカプリオが
ギルバートグレイプの時の
小児麻痺役でアカデミー賞並みの
演技をした時と同じ様に

白酒のせいで死にかけた

そんな朦朧とした中で、
自己紹介と中国人の使い方を学んだ。

そして一部のオレコンファン待望の

今回の夜の視察は、大手企業の経営者が
集まるということで、その社交場

スナック「エンジェル」

にクリ出した。

そこは日本人向けの高級スナック
1人につき1人の女性が隣に付き、
お酒を作ってくれる

おさわりNGの店だ。

のこされた事は喋ること
しかし!
必死に口説こうとするも
日本語が全く通じない。

さらに!
筆談しようとするも

日本語を操るやり手ババァが
割り込んできて
自分を売り込みに来るわ来るわ。

シャッチョーサン
ワタシ買ってよワタシ。

はい、買いませんお疲れ様でした。と

終わったのは11:30
明日は朝の6:00からH氏のセミナー

その当のH氏。
マッサージに行こうと言ってたが
明日がに朝の6時は堪えたのか、

「アカン、今日はもう寝よう」

と自ら断念。
マッサージに行く途中で進路を変え
全員ホテルへ。

そこからの記憶はない・・・。

一日目、終。

 ーやまたく

PS:
一つもカスリもしない
目標なんて意味ないのかもしれない。

展示会なのに、みんな昼からビール
ワガママすぎるメンバーに
苦笑いしながら2日目を迎える。

 ↓
こんな事をしながらも、
ビジネスが継続出来るのには
無料で集客するテクニックを
使っているんですな。
 ↓
http://150.60.81.235/np/tracking.php/VmJmck.emyama.html

もし、海外の翻訳情報や
腐った情報商材にうんざりしているなら
一度受けてみてください。

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。