ウェアラブルな未来

ウェアラブルな未来

昨日、
時間術のプライベートセミナーをした、
このセミナーは実に多くの人が
自分のビジネスを大きく変え、
多くの結果を出している。

 

Iさんは結果が出すぎて、
過去やっていた仕事と
今やっている仕事が
全く変わって、労働時間が1/5になり
収入は2倍になっている。

 

この時間術の方法の一つを公開しよう
それは時間を短縮するために

 

「メディアダイエットをしろ」

 

説明:メディアダイエットとは
普段接しているメディアの中から意識的、
無意識にかかわらず脳を疲弊させている
原因となるメディアを発見し取り除くことで、
時間と判断力の両方を取り戻す方法なのだ!

 

この方法によって、オレコンのメルマガも
ダイエット対象にしてしまわないことを
祈るばかりだが、確かに効果がある方法なのだ!

 

しかし、この効果の有るメディアダイエットを
するなかでも、なかなか捨てられないものが有る。

 

それは、、、スマホ

 

実は、スマホは、ありとあらゆるタイミングで
私達の時間を奪っている。

 

電話やSKYPEなどの無料通話、という通話機能
LINEやSMSに代表されるメッセージ
グノシーや2ちゃんまとめなどのニュース

 

スキマ時間を食いつぶし
休憩だけでなく。寝る前や
お風呂の中にまでもって入る
トイレでうんこしながら

 

自ら率先して、時間を奪われているのだ。
「ゼロの未来」という映画でも同じ様な光景が描かれている。

 

この映画では、人は情報をもらえないと

 

ご、拷問やー!

 

と感じてしまうシーンがあった。
情報を受け取れないこと
情報にアクセス出来ないこと

 

それが拷問になる

 

今もし
スマホが取り上げられたらどうなるだろうか?

 

友達と連絡がとれない
家に帰らないとわからない
LINEもFacebookも無くて
出先で仕事の進捗も把握できない

 

拷問だ。

 

もうスマホを手放せ無くなってると思う

 

こんなふうにして
自分から情報を欲しがらせ、
中毒症状にしてしまう、

 

それがコンテンツマーケテイングだ。

 

いよいよ、その内容を公開する時が来た

http://150.60.81.235/lp/20150627

 

前回の見込顧客セミナーも満席だったので
今回も早めに申し込んで欲しい。

 

ーヤマたく

 

PS:
「ゼロの未来」を見た感想を一言でまとめると

 

睡魔との戦い

 

オレコンのセミナーでは消してそんなことにはさせない。
寝る暇など決して与えない。
なぜならそれだけ学びが濃いからだ

http://150.60.81.235/lp/20150627

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。