MacOSの為に費やす時間

MacOSの為に費やす時間

最近macが増えた、
どこに行ってもmac。

 

スタバなどの喫茶店でも
リンゴのマークが並んで光ってる。
macおそるべし。

 

逆に、もはや北島三郎ファンクラブに
入会している数と同じぐらい
windowsノートはマイナーに・・・。

 

便利でおしゃれなmacでも
最近ちょっといただけない事がある
遅い、、、。

 

windowsのように
色々なセキュリティソフトを入れないと
動かすのも怖いPCよりずいぶんマシだが、

 

それでも、文字を入力するときにもたつく、
今では、文字を入力するだけ入力して、
席を離れることにしている。

 

あまりの遅さに、
入力してから、表示されるまでに
5秒以上かかっているのだ、

 

メッセージを送るのが仕事の大半
と言ってもいいぐらいなのに、これはヤバイ、
生産性がものすごく落ちている。

 

そこでいくつか実験して見た結果、
今やリアルタイムで(当たり前だ)
文字が入力できるようになったのだ。

 

今回はそれを共有しようと思う、
PCで仕事をしているなら、必ずやって欲しい

 

生産性が上がることこの上ない。

 

■PC生産性アップその1
「デスクトップのファイルを消す」

 

デスクトップの乱れは心の乱れ、
夏休みに素行が乱れるのは世の常。

 

デスクトップ上にファイルが沢山あると、
PCは表示の処理にメモリを食われ
動作が遅くなる。

 

我々人間は、目に入る刺激の数だけ
エネルギーが消費する。
別の仕事の事を思い出す。

 

よって全て一つのフォルダにまとめて
デスクトップじゃない場所にでもおくがいい

 

■PC生産性アップその2
「不要なファイルを消す」

 

ファイルのアップロードや、
ファイルの検索
ありとあらゆるファイルを
日々やりとりしていることだろう。

 

しかしコレは削除しなければならない

 

男たるもの日々増えていくものの一つに
アダルト動画がある。

 

ワシレベルになると、すでに3000ファイル
容量は3TBを超えハードディスクを2個占拠。

 

ベスト・オブ・ベストを2ヶ月かけて選び
50個に絞るのだが、それも2週間で
繰り返し見ているうちに飽きる。

 

また飽きては2ヶ月かけて3000種類の中から
ベストを選ぶ。

 

こんな事をしていては、人生はあっという間に終わる。
っていうかワシの青春はコレで終わった。
気づけば37歳になっている。

 

つまり、消せばイイ。
ああ、消せばイイのだ。

 

最近ハードディスクの一つが飛んだ。
渡辺琢斗監督の
「非日常的悶絶遊戯」が全て消えた。
中学生の妄想を実写化した監督の作品だけに

 

その日は動かないハードディスクを前に
缶チューハイを片手に一人で追悼集会を開いた

 

「いつかは消えるなら、早い方がいい」

 

そう、データを消してほしい
それだけで
PCは一時ファイルを置くスペースが出来、スピードが早くなる。
ファイルの読み込みや検索のスピードも早くなる。

 

人で言えば、謎のファイルを開いては、
中身を見たりして考えるという、
昔のヌケないビデオを見るに等しい行為。

 

消すことで迷わなくなる。
いっそ1年以上開いていないファイルは、
今後も開かない。消せ。

 

■PC生産性アップその3
「余計な機能を消す」

 

ホントにOSのバージョンアップとともに、
余計な機能が増えすぎ。

 

macにも「ダッシュボード」という使えない
ツールがあった、さらに最近は「通知センター」とか

 

もうね、そういうのいらん。
集中力を阻害するものはいらん。

 

試しに一ヶ月全てを切ってみよう。
かなり生産性が上がる。

 

通知のポップアップする機能は全削除だ。

 

こんなガジェット的なものは
便利と言いながら仕事を不便にしている。

 

カツオは寒いと言いながら、
半ズボンなのと同じ状態だ。

 

消せ。

 

結構面倒になってきたので、
最後の方に移りますが、

 

■PC生産性アップその4
「新しいPCを使う」

 

もうね、古いPCってそれだけで
色々改善がいるわけです。

 

確かに新しいPCにも設定が必要なんだけど、
それもカンタン。

 

移行アシスタントを使えば、ボタンひとつで
新しいマックならね。

 

PCはケチって機能をダウンさせず、
メモリもグラフィックカードもモリモリに
HDもスグに埋まるんだから、容量を多くして。

 

いいPCを使って下さい。

 

生産性が上がり、
より多くのお金を生み出すことを思えば、
その数万円は安いです。

 

チミの動作全てに足かせでなく
翼をくれるようになる。

 

パソコンで入力をし、
パソコンで出力をする
パソコンでコミュニケーションをとり
パソコンによって収益を得ている

 

スタッフや従業員のPCも早くしてあげよう
それだけ働いてくれる。

 

いうなら、F1レーサーのようなもので
複数の企業と競争している中にあって

 

ケチった軽自動車を使うのか?
それともF1カーに乗るのか?

 

チミはどっちがいい?

 

ーヤマタク

 

PS:
コンテンツ風の文章を書いているのに、
最後には必ず大どんでん返しで、

 

結局新しいPCを買えってことかよ!

 

とお怒りのあなた。
それは正しい反応だ。
しかし、そのオチが

 

「PCが早くなるソフトをインストールしよう」
だったらどうだろうか?

 

きっとよくわからないまま、
変なソフトをインストールして
更に動作を遅くさせることがオチだろう。

 

ほとんどの記事にはこういった形で
一番売りたいモノをコンテンツにくるんでいる。

 

今回もmacを早くするのに、
いくつもソフトのインストールを勧められたが
正直そんなもので早くなった試しがない。

 

というかその1〜3の設定を自動化しているに過ぎない
なので、そういったソフトはナンセンスだ。

 

「商品をコンテンツでくるむ」
その方法も

いよいよ残り8名となった
http://150.60.81.235/np/tracking.php/ZanUQy.g6xama.html

 

 

Share

山本 琢磨

株式会社オレコンの山本琢磨です。

おすすめの記事