カテゴリー: コピーライティング


マイクロコピーを無限に生み出す思考技術(前編)

労働こそ美徳、苦労は買ってでもしろ、 難しいこと、難解な問題を解いたほうが偉い、的な風潮がある。 確かに人類は難しい問題を解いて発展してきたように思う。 けれど、多くの文学作品も、音楽も、歌劇も、歌舞伎も、商品も学問も 最後はとてもシンプルだ、人気のあるものが残る。 マーケティングの世界でも同じだ。 過去難しい職人技的なコピーライティングや、 難解なSEO技術、ビッグデータ、人工知能など。 難解で高度で膨大な時間とお金をかけたものが良いと思われている。 でも最後はとてもシンプル「手残りナンボやねん」と 「男ならスンスンスンスン泣くな!」 「重箱の隅を突つくようなことをするな!」 「ちっちぇー事 ...

続きを読む


マイクロコピーライティング成功事例7つをまとめてみた

ヤマタクです。 ■マイクロコピー成功事例1 ボタンより上に内容詳細を置くことで成約率17.18%の改善 デンマーク自動車のケア用品キット 課題:画像だけで、商品内容を詳しく表示しなかった。 参考元:http://contentverve.com/ パッケージ詳細を記載し、売上について17.18%の転換率改善   ■マイクロコピー成功事例2 参考元:Yoast.Com 改善前: 改善後:   ↑このマイクロコピーのポイントは何でしょうか? そう、TOTALの箇所だけではなく、隣にある()書きに特徴があるんです。 なんと書かれているかというと… (ここから追加のコス ...

続きを読む


悪いマイクロコピー?良いマイクロコピー?

悪いマイクロコピー、略してワルコ。 ワルコはチミの顧客に舌打ちをさせる。 逆に良いマイクロコピー、略してヨシオ。 ヨシオはお客さまを盛り上げ、もてなし、買わせる。 なぜなら、ヨシオはチミのお客さまのことをよく知っているからだ。 しかし、ヨシオははじめからいるわけではなく、 通常は、社内にいるスタッフたちが、 自分の思い思いの言葉を使うところから始まる。 「全ての人が買い物かごが使えると思っている」 スマホでWEBを見てるけど、 とりあえず電話!っていう人が結構いる。 それなのに、どこにも電話番号がなかったらどうだろうか? それなのに、その番号が090の携帯だったら・・・。 最近は050番号も有 ...

続きを読む


マイクロコピーが最も’’輝ける場所’’

さぁいきなりクイズだ。 売上をアップさせるために、 「顧客の購入数を増やすために  チミは何をするかね?」 特に成約率を引き上げるには、 あるマーケティング会社の調査によると 通常ここが大事だ!という人の割合は – 注文ボタン – 30% – 見出し・サブヘッド – 20% – 構成・レイアウト – 10% – 全体のコピー – 8% という結果だ。 確かに、ワシもこの割合で考えるだろう。 しかし、 見出しとCTAボタン(コール・トゥ・アクション)上のコピー これが最も重要っていう世間の風潮。 超危険だ。 前回紹介した クレジットカード決済フォー ...

続きを読む


ほんの数文字が与える影響力

どうも、ヤマタクです。 我々は、成約率を上げようと、売上を上げようと考える時、 ついつい全部を完璧にしようとする。 セールスコピーですら、 ・ヘッドライン ・サブヘッド ・ボディコピー ・ブレット ・ベネフィット ・オファー ・ガイドライン ・フォーム ・コールトゥアクション いっろんなコトを書かなくちゃならない。 あれも考え、これも考え、リサーチして その上、WEBセールスデザインでは、 ・フォント ・色 ・レイアウト ・構成 ・フロー ・コンテンツデザイン ・写真 ・アイコン ・チャート などなど、全てのことを考えなくちゃならない。 果たして、それら全てをやっていたら、 どのくらい時間が掛 ...

続きを読む


コンテンツの前に、コンテキスト(文脈)だ

「コンテンツ イズ キング」   こんな格言を聞いたことがあるかもしれない。   でもな、キングよりも強いのはクイーンで、 実際はコンテキスト イズ クイーンなんよ。   広告で見込み顧客を獲得しようと思ったら、 自然言語や自然検索に合ったコンテンツを提供することになる。   SEO用のコンテンツを書くのに、類義語に共起語、サジェスト、 そしてキーワードプランナーの広告候補を使って、   それぞれの単語をまんべんなく配置し メインの単語の出現頻度を引き上げ、   Googleサーチコンソールで読み込ませ SNSでの評価をつけ、 トラフ ...

続きを読む


ミスのないマイクロコピーの作り方「後編」

前回、マイクロコピー最大の失敗をお伝えした。 https://www.www.orecon.co.jp//archives/2524 失敗しても、次は挽回すればいい。 ということで、 マイクロコピーで失敗しないために 成約率が思ったように上がらない時、 コピーライターならヘッドコピーから改善しようと思ってしまう。 チミがデザイナーなら、デザインを改善しようと思うだろう。 共通して言えることは、どちらも直感的に反応し、 それが改善なのか?それとも改悪なのか? テストした結果が出るまで、 またドキドキしながら待つことになる。 マイクロコピーでは、 2文字や2単語ほど変えることで反応を見る。 このマ ...

続きを読む


ミスのないマイクロコピーの作り方「前編」

  WEBでイライラする事無く、お客さまに うちの最高のサービスを体験して欲しい、   そう考えて、スケッチして   WEBを作り出して、 思いをコピーに入れて作った。 いよいよ販売開始だ!     そして忘れてしまう。 マイクロコピーを設定するのを   些細で小さくて、ラベルや写真の下のキャプションや ボタンの文字や、リンクの文字、 SEOを考えなければ相当適当に作ってしまう。     <こちら>とか。 <クリック>とか     マイクロコピーを忘れることで、チミは 一生懸命作ったサイトを自分 ...

続きを読む


マイクロコピーに必要な5大要素、知ってる?

マイクロだろぅ〜(スギちゃん風) いまやTVで見かけなくなって久しいが、 元気ですか?セコムしてますか?   反響の多いマイクロコピーシリーズ第3弾だ。 これまで、   第1弾 「コピーをマイクロ化するだけで売上 1.5倍」 https://www.www.orecon.co.jp//archives/2453   第2弾 「マイクロコピーライティングとは?」 https://www.www.orecon.co.jp//archives/2446   と熱く語ってきたが、 既に2人のオレコン読者から 「マイクロコピーで儲かりました!」 「マイクロコピーで ...

続きを読む


コピーを「マイクロ化」するだけで売上げ1.5倍

前回は、マイクロコピーで売上がるよ 1.5倍とか2倍になるよとお伝えした。 この内容をお伝えしたら、既に実践してる方から、 すごく貴重なテスト結果をいただいた。   「ちょうどウチも先日のテストで  「登録する」を「登録」にしたら1.5倍になりました。」   ”する”を省くだけで1.5倍だ。 マイクロだろぉ〜〜〜〜。   このマイクロコピーライティング 具体的にどうやれば成約率があがり、 売上が上がるのか?   それは、、、   「気づかない」ことだ。   チミも何らかのメルマガを購読したり、 単にボタンをクリックしたり、 リンクを辿 ...

続きを読む


1 / 3123