タグ: クリエイティブ


脳みそに刺激を与えるキッカケ

こんにちは、ヤマタクです。   デスクワークもいいが、たまには五感を働かせて、 脳みそをフルに使っているだろうか? 同じことの毎日じゃ、クリエイトな発想も限界がある。 次のステージに行くためには、 新しいことを始めたり、 新しい出会いがあったり、 とにかく、新しい常識を作って、 脳みそに刺激を与えることだ。   さて、冒険の行き先は台湾。 この忙しい中、社員からは「無茶な!」と言われたスケジュールだが、 忙しい時こそ、冷静に自分を振り返る時間は貴重だ。   普段以上の力が出てくる馬鹿力ってヤツは、 いつ出てくると思う? 追い込まれた時だ。 ...

続きを読む


微差力を高めて周りと差をつける!

こんにちは、ヤマタクです。 昨日は、言葉を変えればものの捉え方が変わる話をした。 今日は、微差力を高める話をしていこうと思う。   「当たり前のことをバカになってちゃんとやる!」(小宮一慶著) という本がある。 簡単に言うなら、 当たり前のことでも、自分のことを忘れて、バカみたいに一生懸命やってみる。 そしたら、道はひらけてくる。 ってことを伝えている本だ。   掃除でもなんでも、目の前の仕事を徹底的にやることで、 そこから気づくことが何かしらある。 ただ、「めんどくさいな」と思ったり、 他の仕事のことを考えていたり、 他にエネルギーを使っていると、 気づけないことは絶対に ...

続きを読む


言葉を変えればものの捉え方が変わる

こんにちは、ヤマタクです。 お盆休みが昨日からというところもあるかもしれないが、 いかがお過ごしでしょうか? 経営者の方なら世間が休みの日こそ、 普段とは違うアンテナを立てている、という方が多いと思う。   ところで、人を励ましたり応援する時って、 「頑張れ!」って言ったりしないだろうか? アメリカでは逆に「頑張りすぎるな!」と言われる。   国が違えば、ものの捉え方は変わるが、 もっと言えば、同じ国でも人が違えば、ものの捉え方は違ってくる。 さらに言うなら、言葉の伝え方を変えれば、 相手の、ものの捉え方も変わる。   私たちは反応を変える小さな伝え方のことを、 ...

続きを読む


ハリウッド映画といえば、何億や何百億といった興行収入が話題で そのマーケティング手法は管理洗練されています。 そして、そんなハリウッドから 「もし、あなたが映画のポスター制作を依頼されたらどうする?」 というお話、もし予算が潤沢にあれば 超一流のデザイナーを採用して 売れるポスターを作るかもしれません。 私なら、絶対にそんなことはしません。 誤解を恐れず言うなら「クリエイティブは糞だ!」ということ 私自身もデザイナーだったこともあり、 これまで、この考え方のせいで何人ものデザイナーと 殴り合いのケンカになったことか 私は得意のロシアの軍隊格闘技「システマ」を使うわけですから 相手はもちろん...

続きを読む