カテゴリー: 考え方


『働かないアリ』は、どうやら人間より賢いらしい

    『働きアリの2割は働かない』 という話を聞いたことがあるだろうか?   ーーーーーーーーーーーーーーーー 餌をとってきたり、巣を広げたり、 卵や幼虫の世話をしたり 毎日せっせと働いているイメージのある働きアリ。   しかし、実は全ての働きアリが懸命に働いているわけではない。 働きアリをよーく観察してみると、 よく働くアリが2割 普通に働くアリが6割 全然働かないアリが2割 の割合で存在している。   この2割の働かないアリを集団から取り除いて それまで働いていたアリのみで新たに集団を作っても、 やはり2割のアリは働かなくなってしまい、 ...

続きを読む


出版記念セミナー全国横断始まりました

どうも、山本琢磨です。   全国出版記念セミナーが一昨日から始まった。   本って買って、ただ読んでも なかなか覚えきらないよね。   よっぽどの能力がないと 人は忘れてしまうから仕方がない。   どれだけ忘れるのか?   それは、 「エビングハウスの忘却曲線」で 人はどんだけ忘れん坊か、すでにバレバレだ。 人は1時間後から56%忘れて 24時間後には74%も忘れてしまうんだ。 こりゃ、ひどいもんだ。   でも、覚えておくコツが3つある。   1つは何度も反復すること。 テスト前には何度も何度も 同じ問題を解いたりしたよな。 ...

続きを読む


理不尽なお叱りを受けた・・・

どうも、ヤマタクです。 日本で唯一、マイクロコピーについて、 詳しく書いた「ザ・マイクロコピー」が売れている。 自分で言うのも何なんだが、 使える本になっている。 まだ読んでないなら、ぜひ手に取ってみてくれ。 (Amazonを見る) 断言するが、数年後には常識と言える スキルになっているだろう。   ずっとコンサルをやっているが、 実は、お叱りを受けた経験が結構ある。 「あと5日でいくら売上を伸ばしてくれ!」 「言ったことが出来てないじゃないか!」   なんて言われたりしたが、、、   ちょっと待てい!   あと5日で売上を伸ばせって? もうちょっと前に相談してくれよ! 言 ...

続きを読む


脳みそに刺激を与えるキッカケ

こんにちは、ヤマタクです。   デスクワークもいいが、たまには五感を働かせて、 脳みそをフルに使っているだろうか? 同じことの毎日じゃ、クリエイトな発想も限界がある。 次のステージに行くためには、 新しいことを始めたり、 新しい出会いがあったり、 とにかく、新しい常識を作って、 脳みそに刺激を与えることだ。   さて、冒険の行き先は台湾。 この忙しい中、社員からは「無茶な!」と言われたスケジュールだが、 忙しい時こそ、冷静に自分を振り返る時間は貴重だ。   普段以上の力が出てくる馬鹿力ってヤツは、 いつ出てくると思う? 追い込まれた時だ。 ...

続きを読む


満足度を見極める小さくて大きな違い

こんにちは、ヤマタクです。 昨日は、微差力を高める話をしたが覚えているだろうか? 今日は、顧客の言葉の違いについて話をしていこうと思う。   よくこの話は聞いたこともあるかもしれませんが、 結構、大事なことを言っているので、 「知っている」で済ませずに読んで欲しい。   顧客に、 「コーヒーと紅茶、どちらがよろしいですか?」 と聞いた時、 「コーヒーがいいです。」 と言われた時と、 「コーヒーでいいです。」 と言われた時、相手の心の違いを言葉にして言えるだろうか?   「が」と「で」の言葉一つの違いしかないし、 顧客に出すのは、コーヒーでしかないが、 相手の心の中 ...

続きを読む


微差力を高めて周りと差をつける!

こんにちは、ヤマタクです。 昨日は、言葉を変えればものの捉え方が変わる話をした。 今日は、微差力を高める話をしていこうと思う。   「当たり前のことをバカになってちゃんとやる!」(小宮一慶著) という本がある。 簡単に言うなら、 当たり前のことでも、自分のことを忘れて、バカみたいに一生懸命やってみる。 そしたら、道はひらけてくる。 ってことを伝えている本だ。   掃除でもなんでも、目の前の仕事を徹底的にやることで、 そこから気づくことが何かしらある。 ただ、「めんどくさいな」と思ったり、 他の仕事のことを考えていたり、 他にエネルギーを使っていると、 気づけないことは絶対に ...

続きを読む


言葉を変えればものの捉え方が変わる

こんにちは、ヤマタクです。 お盆休みが昨日からというところもあるかもしれないが、 いかがお過ごしでしょうか? 経営者の方なら世間が休みの日こそ、 普段とは違うアンテナを立てている、という方が多いと思う。   ところで、人を励ましたり応援する時って、 「頑張れ!」って言ったりしないだろうか? アメリカでは逆に「頑張りすぎるな!」と言われる。   国が違えば、ものの捉え方は変わるが、 もっと言えば、同じ国でも人が違えば、ものの捉え方は違ってくる。 さらに言うなら、言葉の伝え方を変えれば、 相手の、ものの捉え方も変わる。   私たちは反応を変える小さな伝え方のことを、 ...

続きを読む


電化製品のデザインで洋食器が売れる  〜6.7倍になったサイトのヘッドバナーデザイン〜

どうもヤマタクです。
前回のオ○ニー事件から「いいデザインってなんなのか?」という考えに取り憑かれた僕は、会社のWEBサイトが許せなかった。
WEBを作るのも、広告を作るのも、それほど違いはないにも関わらず・・・ 1箇所改善するだけで数万円。毎月サーバ代やら何やら30万円も外注業者に払ってたのだ。 こちらは必死で作って、それ以下の給料・・・。 「社長、外注に出しているWEB制作自社で内製化出来ないでしょうか?」 金額も交え、「もし、こちらで運用できたら給与をあげてもらえないか?」 ちゃっかり、自分の給料が上がる交渉をした。 
その結果・・・ サイトを自社で運用することになったんだけれどもいつも ...

続きを読む


LINEで使える「一言」

「一緒にご飯に行かない?」 返事が返ってこない。 いわゆる既読スルーだ。 モヤモヤする、 なんでなんで、って考えてしまう。 メルマガでも、お客様にどれだけ熱いメッセージを送っても 開封率は5%以下で、クリック率は更に5% 0.25%しか反応しない。 メールですら効果が無いのに、 LINEで誘っても効果があるわけない。 なぜ反応がないんだろうか? ・・・だめな理由を探してしまう。 違う、違う、そうじゃなぁ〜い… だめな理由からは何も生まれない。 全てがダメな理由につながるからだ。 それよりも上手くいく方法を見つけるほうが早い。 上手く行く方法に集中すれば、 ・改善点が少なくて済む ・時間もお金も ...

続きを読む


【福島さんの場合】働き方を変える!超生産性ビフォー・アフター

どうもヤマタクです。 「それは俺の仕事じゃない」 デューク東郷張りに、 カッコよく言えたら良いんだけど、 困っている部下を見ると 責任感からつい細かなチェックとかしちゃう。 そんな、経営者さんは多いですよ。 でも、そんなことをしていると 自立したスタッフが育たないばかりか、 重要な仕事に割く自分の時間が逼迫(ひっぱく)されて 数字を落とすことになる。 『生産性の本質を測る真の基準は、「量」ではなく、「質」である。』 これはマネジメントの父、 ピーター・ドラッカーの言葉だ。 あなたが何百回とスタッフを助けていれば、 はたから見ればプロジェクトは 一見、量をこなしているからうまく回っているように見 ...

続きを読む


1 / 812345...最後 »